腰痛の寝方で仰向けは正しいの?自分にあった方法を探すことが大切!

腰痛になるとなかなか横になれず寝付けなかったり、睡眠中でも腰が痛くて起きてしまうなんてことがありますよね。

どの体勢になってになっても腰が痛くなってしまう感覚があるので、普段通り仰向けで寝ていますが、これは正しい寝方なのでしょうか。

腰痛の人の正しい寝方について調べてみました。



腰痛の寝方で仰向けは正しいの?

腰痛の状態になるとどの体勢になっても痛みがあったりします。

どうにかして腰痛の症状を少しでも改善したいと思いますが、どういうった寝方が一番正しい
寝方とされているのでしょうか。

調べてみたところ、参考になりそうな記事がありましたので紹介しておきますね。

参考元:腰痛をやわらげる快眠法…姿勢・バスタオルで簡単!-All About

この参考元を読んでみると、寝る姿勢にこだわらないことが大切だと書いてあります。

例えば、普段から良い姿勢で寝るために仰向けて寝ているという方でも、腰を痛めているときは仰向けの姿勢が負担になってしまうことがあるので、仰向けが痛いという方は横向きで寝るようにすることも試してみるのが大事なようですね。

また、横向きで寝る場合も腰の左右どちらが痛いのかによって右向きで寝るのか左向きで寝るのかも違ってくるので、一番自分が痛くない姿勢や体勢を探してみる必要があるようです。

参考元のタイトルにあるようにバスタオルを使って腰のサポートをするのもいいようですし、自分にあった姿勢を見つけるのが大切なのかなと思いました。

いろいろといい寝方を紹介されていたりしますが、一番はこれが正しいというものではなく、「自分にとってはこれが正しい」という寝方を見つけることが大切なのでしょう。

ただ、寝方に関しては正しいものは人によって違うとされていますが、寝具に関しては腰痛の人におすすめされているタイプがあるみたいですよ。

その点についてもう少し深堀していきましょう。

腰痛の人はどんなマットレスを選ぶべきか?

腰痛の人の寝方は人それぞれでいいとされていますが、マットレスに関しては高反発の方が適しているとされているようです。

そもそも、腰が痛くなる原因は筋肉が緊張し、血管や神経が圧迫されてしまうからで、そのために痛みやしびれが出てくるのですね。

寝ている間でも筋肉を使ってしまうのですが、なぜ寝ている間でも筋肉を使ってしまうのかというとそれは寝返りをしているからです。

寝返りをするときは無意識に筋肉を使っているので、この時に負担がかかってしまうのですね。

それならば寝返りをしないようにすればいいと考えてしまいそうですが、寝返りをしないと特定の部分にのみ負担がかかり、筋肉が疲労してしまい、血流が悪くなってしまいます。

ですので、寝返りをしないというのはかなり負担をかけてしまっているのですね。

では、どうしたらいいのかというと寝返りをサポートしてくれる状態にすればいいのです。
そのサポートをしてくれるのが高反発マットレスなのですね。

高反発マットレスは名前の通り反発力があるので、寝返りを打つ時に寝返りをしやすい状態にしてくれます。

筋力の弱い方でも寝返りを打ちやすくしてくれますし、高反発マットレスは腰痛持ちにおすすめされているのですね。

詳しい説明に関してはモットンという腰痛対策マットレスの公式サイトに書かれていますので、そちらを確認してみてくださいね。

★参考サイト

モットンの本音口コミ!最高級高反発マットレスで寝てみた

↓モットン公式サイトはコチラ↓



寝返りをしやすくする枕はあるの?

腰痛持ちの人にとっては寝返りを楽にできるような状態にするのが対策の一つなのかなということが調べてみて感じた私の意見です。

高反発マットレスで寝返りを打ちやすくするサポートをしてくれるのなら、寝返りを打ちやすくする枕もあるのではないかと考えました。

そこで、寝返りのしやすい枕について調べてみたのですが、明確に寝返りがうちやすい枕というものは見つけられませんでした。

ただ、一つ面白い枕を見つけることができましたよ。

その枕はYOKONE2という枕なのですが、この枕は名前から想像できるように横向きで寝る人専門の枕となっています。

寝返りを打つということは横向きになって、反対向きになって、ということを繰り返すことだと思うので、このYOKONE2という横向き寝専用枕は寝返りがうちやすい枕になっているのかなと思いました。

もともとこの枕はいびきを解消させて睡眠の質を高めることが目的で作られているのですが、睡眠の質を上げるということは腰痛を持っている人にとっても嬉しいことですから、腰痛の人で枕を変えてみたいという人はおすすめできるかもしれません。

テレビなどメディアでも紹介されている枕のようですので、注目かもしれませんね。

>>YOKONE2の詳細はコチラ

まとめ

腰痛の寝方としては仰向けよりも横向きで寝たほうが緩和されやすいのかなという印象を受けましたが、大切なのは自分にあった寝方を探すことだと思います。

腰痛の方は寝方はそれぞれでもマットレスは高反発の方がいいとされているので、寝返りのうちやすい高反発マットレスを選んだほうがいいかもしれません。

マットレスだけでなく枕など寝具を変えることで寝ている間の腰痛対策を取ることができるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする