養命酒が春バテに効果的な理由は自律神経失調症を予防するから

養命酒が春バテに効く?

春バテ対策について調べてみると養命酒が効くという話を
いくつか見つけました。

しかし、なぜ春バテに養命酒が効果的なのかは
はっきりと書いてあるところがなかったので、
夜勤ライフでまとめてみました。




養命酒が春バテに効く理由は?

養命酒は春バテに効くと言われていますが、
それは自律神経失調症の症状を改善していく効果があるからです。

春バテの症状はなんとなく体がだるかったり、
よく眠れない、肩がこるなどの症状が主にあります。

春バテの症状ってどんなの?原因は何?対策法はあるの?

これら春バテの症状は自律神経失調症と似ています。

自律神経失調症は外からの刺激に対して体を守ろうとする防衛反応が
うまく働かずに、自律神経のバランスが崩れてしまうことから起こります。

一方の春バテは環境が変わることで自律神経が乱れてしまい、
人間関係など外部の刺激が精神的なストレスとなることから起こります。

つまり、春バテと自律神経失調症の症状は似ているだけでなく、
原因の根本にあるのは自律神経のバランスが乱れることで共通しているのです。

春バテは季節の変化によって起こるものですから
自律神経失調症とは厳密に言えば違うものです。

何をきっかけに体調を崩しているかに違いはありますが、
養命酒は自律神経失調症に効果あるとされ、
春バテの症状は自律神経失調症の症状と似ている。

だから養命酒は春バテに効果があると言われているのですね。

養命酒の効果はどんなものがあるの?

養命酒は自律神経失調症に効果があるとされますが、
他にも養命酒には効果があります。

主に改善する症状としては自律神経失調症以外に、

冷え性、しもやけ・あかぎれ、更年期障害、不眠症、
貧血、胃腸虚弱、便秘、下痢、風邪・インフルエンザ

に効果があるとされています。




養命酒はこれらの症状を治すというよりは
予防する効果があるとされています。

ですので、体調が崩れてから服用するのではなく、
早めのケアを心がけるようにしましょう。

病気はかかってから治すことよりも
予防することが大事ですからね。

自律神経失調症の予防

自律神経失調症の症状かなと思ったら早めに医師の診断を受けることをおすすめします。

自律神経は高血圧や低血圧、動脈硬化、糖尿病などが原因で
バランスを崩すことが多いからです。

他の病気を合併していることが多いので、
自律神経失調症以外の病気が見つかることもあります。

予防法としては基本的なことですが、十分な睡眠、バランスのとれた食事、
スポーツや趣味で気分転換をしてストレスを溜めないことが効果的です。

どうしても生活リズムが乱れてしまう場合でもなるべくなら薬に頼らず、
生活の見直しとサプリメントなどで対処するといいですよ。

まとめ

春バテの症状は自律神経失調症と似ているので、
養命酒を飲むと効果があるとされます。

養命酒は病気を治すのではなく予防することがメインですので、
早めにケアするようにしましょうね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする