夜勤明けとは?公休日とは?土日に休みが欲しい人は金土で休みを取る方がいい?

夜勤で働くと自分の勤務時間の扱いがどのようになるのかわからない方も多いと思います。

事実、私が夜勤として働く時に公休曜日の扱いがチンプンカンプンで、何度も質問をした記憶があります。そこで、伝わりにくいかもしれませんが、夜勤明けとはいつのことをいうのか、公休日とはどのようにはじまるのかを紹介したいと思います。

夜勤明けとは?

例えば、土曜と日曜が公休だとしたら、金曜日の夜に出社して、土曜日の朝に退社します。そこから土・日とおやすみとなります。夜勤明けとは仕事を終えた朝のことですが、このイメージはつくと思います。

わかりにくいのは公休日だと思います。

土曜と日曜が公休日というと、日勤の場合、土日がまるごと休日になりますが、夜勤の場合は少し感覚が違います。土曜日の朝に仕事を終えて帰ってきますので、そのまま起きていれば日勤の方と同じように休みを取ることができます。

しかし、実際は夜勤明けでそのまま起きて遊んだり出かけたりすることは体力的にきついところがあります。
私も経験がありますが、なかなか社会人にとっては厳しいスケジュールになりますよ。もちろん遊ぶことは楽しいんですけどね^^

夜勤明けで遊ぶってこんなに辛いの!?でも、それ以上の価値を感じられることもある!

土日の公休日を日勤の人と同じように過ごすのは大変なので、特に予定がない場合は夜勤明けはそのまま寝て、働いているときと同じような生活を送っていると夜勤入りもスムーズに過ごすことができます。

どちらかというと、土日に公休がある方は月曜日の勤務開始まで時間があるので、月曜日は比較的自由に過ごすことができます。

つまり、もし日勤の時と同じように土曜日と日曜日を過ごしたいなら、金曜日と土曜日に公休を取るようにすることをおすすめします。そうすれば、木曜日の夜から金曜日の朝まで働いて金曜日はしっかりと休むことができます。

そして、土曜日は丸々一日自由に過ごすことができます。

日曜日は仕事はじめになりますが、夜からの仕事になるので、土曜日に1泊旅行することもできます。

日曜日の夜から仕事がはじまるので、あまりはしゃぐことはできないかもしれませんが、もし土日を存分に過ごしたいのなら金土で公休を取るようにしてみてください。

勤務がシフト制の方は参考にしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする