夜勤明けの食欲を止める方法と違う角度からの対策法とは?

夜勤明けの食欲を止める方法

夜勤明けは食欲が出てきてしまい、ついついご飯を食べたくなってしまいます。

ですが、この時間に食べてすぐに寝てしまうと太ってしまう危険性があるので、できることなら食べないように工夫したいところです。

そこで、夜勤明けの食欲を止める方法を考えてみましょう。



夜勤明けの食欲を止める方法

夜勤明けはお腹が空いていることが多く、ついつい食べてしまいがちになり、そのまま寝て、気が付けば太ってしまったなんてことはよくあります。

ですので、食べないで寝ることができればそれが理想的ではありますが、何も食べないのはストレスを溜めてしまうことにもつながるので、肌荒れなど肥満以外の症状が出てしまう危険性が考えられますよね。

ですので、何かしらは口に入れたいものです。

一般的に言われている対策方法としては水やお茶を飲むことで、お腹を膨らませることができるので空腹を誤魔化すことができると言われていますね。

個人的にはガムを噛む方法がおすすめですよ。

噛むという行為は脳を刺激するので、お腹が満たされる感覚になると言われています。

ご飯を食べる時によく噛んで食べなさいと言われたりしますが、実はこれがダイエットには一番効果があったりするのですよ。

そのことについては別記事に書いてありますので、ご覧になってください。

絶対リバウンドしない方法のカギは時間!ガムを噛めば元の体重より太らない?

夜勤明けの食欲は水を飲んだり、ガムを噛んだりして空腹を誤魔化すことが基本的な対処法になっているようですね。

夜勤明けの食欲を抑えるのは慣れが関係していたりするので、徐々に食べる量を減らすというのがいいかもしれません。

ポテトチップスなどのジャンクフードはなるべく食べないようにして、食べる量を日数をかけて減らしていくことで空腹になれたり、自分に合った対策ほうが見つかったりしますよ。



夜勤明けの食欲に逆らわない

夜勤明けの食欲がおさまらないことに悩んでいる人は食欲があることに悩んでいるのではなく、食べてしまうことで太ってしまうことを気にしているのだと思います。

そういった場合は食べてしまうのもいいと私は思いますよ。

食べないでストレスが溜まってしまうことのほうが眠れなかったり健康に支障が出てしまうので良くなかったりします。

夜勤明けに食べても太ってしまうだけで、健康に悪い影響を与えることは少ないと考えられるので、我慢しないで食べるのもいいのではないでしょうか。

食べた分はダイエットして痩せればいいですし、こういった考えを持つことは実は大事だったりします。

よく言われるのは、お金を節約するよりも稼ぐ金額を大きくしたほうがいいというものなのですが、もともと持っているお金でやりくりするのは生活費がゼロになることはないので限界があります。

ですが、投資してたとえ出費が増えたとしても、それを取り返すことができれば一時的な出費で済み、いずれは使えるお金が増えると考えられます。

これと同じように太ったら、その分痩せる努力をすればいいだけと考えるのも必要かもしれません。

一番良くないことは無理をすることですので、ある程度我慢できるのなら食欲を抑える必要がありますが、万が一食べてしまって太ったとしても痩せる工夫をすればいいだけのことです。

自分でバランスを考えながら夜勤明けの食欲を考えればそんなに思い悩む問題ではないはずですよ。