夜勤明けは頻尿気味?夜勤で働く人の尿事情

夜勤明けは頻尿気味になる傾向にあります。頻尿の原因はなんなのか?夜勤と頻尿との関係性はどのようなものなのか?夜勤の尿事情を知ってみましょう。

夜勤明けと頻尿

頻尿とは「尿の回数が多かったり、尿が近い」症状のことを言います。一般的に起きてから就寝するまでの間に8回以上排尿すると頻尿だとされます。

ですが、排尿回数は人によって違ってきますので、8回以上だからといって頻尿だとは限らず、反対に8回以下でも自分で尿の回数が多いと感じたら、それは頻尿と言えます。

頻尿の原因として言われているのは過活動膀胱や残尿、尿路感染、心因性などと言われています。

これらについて一つずつ見ていきましょう。

過活動膀胱とは、膀胱に尿が十分に溜まっていあないのに尿がしたくなる病気で日本では800万人以上が発症していると冴えれています。

加齢によって引き起こされることが多く、1回の排尿量が少なく何度もトイレに行くような状態になってしまいます。

残尿とは、排尿後でも膀胱内に尿が残っているような感覚がある状態のことを言います。こちらも年齢を重ねるごとにそのような感覚を持つことが多いです。

尿路感染とは膀胱炎や前立腺炎などによって神経が刺激されて頻尿になります。

心因性頻尿とは膀胱や尿道には何の問題がないにもかかわらずトイレのことが気になってしまう病気のことです。過去になにかトラウマのようなことがあると起きやすいです。

夜勤明けに頻尿になりやすい感じがあるのは疲れなどが残りやすかったり、夜間の冷える時間帯に外での作業をすることで体が冷えてしまうことで起きてしまうことが多いです。

ですが、夜勤をしているからと言って頻尿になりやすいというわけではないので、夜勤と頻尿に直接的な関係はないと思って大丈夫です。

どちらかというと年齢と関係が深いので、年配者は注意が必要になってきます。

まずは水分を取りすぎていないかなどの生活習慣を見直して、自分のどこに原因があるのかを明らかにしてみましょう。原因が思い当たらない場合は泌尿器科の専門医に受診してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする