夜勤明けで足のむくみが起こる原因は何?

夜勤明けに足のむくみが起きることがあります。その原因はどこにあるのでしょうか。夜勤ならではの足のむくみについて考えてみましょう。

夜勤明けの足のむくみ

足がむくむ原因はいくつか考えられます。

そもそも、足は心臓から一番離れた場所なので体の他の部分よりもむくみやすいです。

重力の関係で水分がたまりやすいので、むくみやすくなっているのですが、立ちっぱなしや逆に座りっぱなしのデスクワークのように同じ姿勢でずっといると水分や血液、リンパ液などの循環が悪くなります。

日常生活でも足がむくむことがありますが、夜勤で働いたあとは足がむくみやすい状態になっています。

それは睡眠不足が原因になっているからです。

睡眠不足になると体の機能が低下していきます。そうすると体の循環も悪くなってしまうのでむくみやすい状態になってしまいます。

また、足のむくみは年配の方に多いですが、これにも理由があります。それは筋力不足です。

足の筋肉は歩くだけではなく、流れてきた血液を心臓に戻す役割もあります。ですので、足の筋肉が衰えてしまえば血液が上手く循環しないのです。

足がむくまないようにするためには日頃から運動することを心がけることが必要です。ですが、夜勤の場合なかなか運動しようと思えないですよね。

そういった場合でも、ちょっとした工夫で足のむくみ対策することができます。

例えば、『出勤時や退勤時は歩くようにする』『エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う』など、少しの楽を我慢するだけでもむくみ対策になります。

また、『マッサージをする』ことも効果があります。つま先をぐるぐるとゆっくりまわすことで血液の流れが良くなります。他にも立ちながらつま先立ちと地面にかかとをつけることを繰り返すことでも簡単なマッサージができます。

足のむくみは軽視されがちですが、実は肝臓の病気や心不全などを引き起こす原因となることがあります。ですので、足がむくんできたら運動やマッサージをするようにしましょう。

そしてなによりもしっかりと睡眠を取るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする