夜勤の食事パターンはどうすればいいのか?ポイントは『規則性』にあり

夜勤の場合は、普通に生活している方のように朝昼晩と1日3食をきちんと食べるということはできません。

なので、夜勤の場合の食事を摂るタイミングがわからない、いつ食べるのがベストなタイミングなのかわからないという方も多いと思います。

そこで、こちらでは夜勤の方はどんな食事パターンがいいのかを紹介していきます。

夜勤の食事時間

夜勤の方が食事を摂るタイミングはいつがいいのかと書きましたが、ひとつ問題があります。それは、夜勤で働いていると言っても、その時間帯は人によってバラバラであるということです。

午後9時頃に出勤して、明け方頃帰宅する方もいれば、深夜に出勤して、朝周りが出勤や登校している時間帯に帰宅するという方もいると思います。

このように人によって出退勤時間も勤務時間も違います。そこで、今回は私が実際に働いているものを例にしたいと思います。

私の場合、午後11時に家を出発して、0時頃から勤務開始となります。
その後、午前3時頃から1時間ほど休憩を取り、午前8時に退社、午前9時頃に帰宅という流れになっています。

もちろん日によって違いはありますが、基本はこの流れです。

平日(勤務期間中)の1日のスケジュールとしては、私の場合帰宅してからシャワーを浴びてすぐに眠ります。だいたい9時30分から遅くても10時には眠ります。

それから午後5時前後に起きて、午後11時頃にまた出勤するという流れです。

分かりやすくするために私の1日のスケジュールをまとめましたのでご覧になってください。

私の夜勤スケジュール|1日の流れと食事時間

では、私はどのタイミングでご飯を食べているのかというと、目が覚めてからの時間帯と仕事中の1時間の休憩の時間帯に食べています。

基本的には1日2食でどちらもがっつり食べています。

『1日2食でも大丈夫なの?』と思われるかもしれませんが、大切なことは『規則性を持つ』ということです。

基本的に私はこの1日のライフスタイルを崩しません。ご飯を食べる回数は1日3食がいいとされていますが、それよりも生活時間を一定にすることの方が大切だと経験上感じます。特に夜勤のライフスタイルの場合は。

そもそも1日3食が基本となったのは、エジソンがトースターを発明されたことがもともとの始まりだとされています。

トースターを発明したはいいが、まったく売れなかったトースターを売るためにエジソンがこれまでのライフスタイルにはなかった『朝食』というものを考え出しました。

「朝にパンとコーヒーを飲むというのがおしゃれだ」ということが広まっていき、やがてトースターは売れるようになりました。1日3食の方がいいという専門家もいますが、必ずしも全ての人に当てはまるというわけではありません。

例えば、3時のおやつを食べる人もいれば、夕食後に甘いものは別腹とデザートを食べる人もいます。

もし、こういったライフスタイルの人が急にそのこと禁止されたり、あるいはいままでやっていなかったのに強要されるようになると、それは逆にストレスを溜めることにもつながります。

ですので、1日の生活時間を一定にして、『規則性を持つ』ようにしましょう。

世間のいう規則正しい生活というものは夜勤の場合は当てはまりません。自分のライフスタイルにとって規則正しい生活を心がけましょう。

ただし、夜勤の場合の食事パターンにはひとつだけ注意しなければならないことがあります。

それはまた、別の機会に書きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする