夜勤は水分補給が大事!健康維持に役立つポイント

夜勤では水分補給が健康維持のポイントになります。水分補給をしっかりと行うことで健康維持だけでなく、仕事でもプライベートでもいい影響を与えてくれます。

夜勤の水分補給

水分不足になると頭痛や便秘、むくみなどさまざまな健康障害が出てきます。特に夜勤の人は頭痛やめまいなどで悩む人が多いですが、これは水分不足が原因になっている可能性もあります。

そもそも、水分不足になってしまうのは激しい運動をしていたり、炎天下で作業をしている人がなるものだと考えている人が多いですが、実は普通の生活をしていても脱水症状になってしまうことがあるのです。

水分不足になってしまうと、頭痛になりやすいというデータもありますし、水分補給は人が生活する上で欠かせないものなのです。

冷暖房の効いている部屋にずっといたり、普段から運動不足になっている人は水分をうまくコントロールすることができなくなってしまいます。

運動不足な人は注意が必要なのです。

水分補給は大事なことなのですが、飲みすぎてしまうのもまた体に良くないです。水分を取りすぎてしまうのはかえって肝臓などの内蔵に悪影響を及ぼしてしまう危険性があります。

では、「いったいどのくらいの量の水分を摂取したらいいの?」と思いますが、目安としては一日におよそ2~2.5Lほどの水分が必要だと言われています。

2Lというと四角いペットボトル1本分ですから、「一日に2Lも飲めないよ!」と思うかもしれませんが、そのうちの半分、約1L~1.2Lくらいは食べ物から摂取されているので、実際には1日1L程度の水分補給で問題ありません。

もちろん1日1Lなので、こまめに分割して水分補給をするように心がけてください。一回につき200ml程度を目安として水分補給するようにするといいですよ。

飲むタイミングは喉が渇いたタイミングで構わないのですが、夜勤として働いているのなら、夜勤前に1回、それと睡眠前に1回は飲むように習慣づけるようにすると水分不足を補うことができます。

習慣化されることで、飲むことを忘れるのを防止する事ができますので、脱水症状や水分不足による頭痛やめまいなどを防ぐことができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする