季節の変わり目に体調を崩すと表れる症状は?改善方法は?

季節の変わり目の体調変化

季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますが、
そのときにあらわれる症状はどのようなものがあるのでしょうか?

また、改善する方法としてはどのようなものがあるのか?
その方法を知っておきましょう。



季節の変わり目に体調を崩してしまうのはなぜ?

季節の変わり目に体調を崩してしまうのは
体の冷えが関わってきます。

冷えが体の免疫を鈍くして悪い影響を運んできます。

体内温度や部屋の温度、着衣調節での温度管理がうまくできていないと
季節の変わり目による体調不良が起きやすくなるのです。

夏にクーラーが効いていたり
冬で暖かい部屋にいると温度差が激しくて体調を崩すこともありますが、
季節の変わり目に起こる気温差は自然のもので
自分でコントロールすることはできません。

体温は1度下がっただけでも免疫が極端に下がるとも言われていますから、
自分の何気ない体調の変化を理解しておくことが必要になります。




季節の変わり目で体調に表れる症状は?

季節の変わり目で体調に表れる症状として多いのは
くしゃみや鼻水が止まらなくなる症状です。

また、極端な手先の冷えや、
痺れを感じることもある方もいらっしゃるようです。

風邪や熱が出るといった症状ではないのですが、
一時的な体調不良に陥りやすくなります。

基本的に体温が高く基礎体力がある方は
悪化することはないのですが、それでも冷えで悩む方は多いです。

特に起床時は体の冷えを感じることが多く、
季節の変わり目は暖かい日と寒い日を繰り返すので、
体調管理には気をつけなければなりません。

ずっと暑い日が続く、ずっと寒い日が続く、
そういった日とは違う季節の変わり目による気温の上がり下がりは
意識している以上に身体に負担がかかります。

季節の変わり目で体調が悪くなるのを改善させる方法は?

季節の変わり目で体調が悪くなるときは身体を温めることで
改善されます。

例えば、寝るときには湯たんぽを使うなどです。

適温の湯たんぽを腹に載せたり足先に置いて
ぽかぽかしながら入眠するとしっかりと眠ることもでき、きちんと休息が取れます。

他にもオイルヒーターでタイマーセットを使い、
寝つくまでと起床の前後1時間程度を暖かい環境にすることも効果的です。

また、食生活も免疫状態に大きく関わってくるので甘い清涼飲料水を控えたり、
腸内環境に悪いといわれる小麦製品を食べない、いわゆる
グルテンフリーダイエット(パン、パスタ、うどん、お菓子を排除)
を試してみると冷えが改善しはじめるなど効果が感じられます。

食生活は仕事の関係などで変えにくいところもありますから、
サプリメントなどで補うのもいいかもしれません。
>>季節の変わり目の風邪予防!基本は食事と睡眠!時にはサプリも!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする