夜勤と性欲の関係。夜勤明けに性欲は増すのか減るのか?

夜勤と性欲の関係

夜勤と性欲には何か関係があるのかを調べていこうと思います。

一般的に夜勤明けは性欲が高まると言われますがその噂は本当なのか?それとも嘘なのでしょうか?




夜勤と性欲の関係

人間の3大欲求は食欲・睡眠欲・性欲です。

食欲や睡眠欲は絶対に必要なものだと感じている人がほぼ100%だと思いますが、性欲に関しては表面上はそこまで大事じゃないという人もいるでしょう。
ですが、本音を言うのなら性欲も絶対に必要なものだと思います。

『性』についての話は誰かを目の前にして話しにくいことですから、本音を話しにくいことだと思いますが、夜勤ライフのようにウェブで匿名の人が調べたり、感じたりすることを紹介するのは意味のあることだと思います。

夜勤ライフは「夜勤という生活習慣が乱れがちの人がいかに健康状態を維持するか」をテーマに運営しているので、今回から新しく『性について』も紹介していきたいと思いますね。

人が生きていく上では大切なことですし、別に恥ずかしいことではありませんからね。
少しでもこのサイトが役に立てればと思いながら紹介していきたいと思います。

さて、私も夜勤で生活しているわけですから、性に関して色々と感じることはあります。

夜勤をしてから性欲が落ちたかと聞かれたら、答えは「NO」です。性欲に限らず食欲も睡眠欲もなくならなかったので、健康体を維持できているとは思いますが、性欲だけ何か特別だったか聞かれても特に変化はありませんでした。

一般的に夜勤明けは性欲が高まるとされますが、これは間違いではないと思います。
というのも、これは人間の生存本能に基づくものだからです。

夜勤や徹夜して体力が低下すると、本能的に生命の危機を察します。
すると人間は本能的に自分の遺伝子を残そうとする力が発動されるようですね。

生命の根幹は自分の遺伝子を次の世代に残すことなので、夜勤で疲れている身体はその本能に従って性欲が高まると言われていますよ。

性欲が高まるということは言い方を変えれば精力(バイタリティ)も高まっているということです。
なので夜勤明けに性欲が高まっているのは健康的だと言えるでしょう。

食欲や睡眠欲が体調のバロメーターになりますが、性欲も自分の健康を知るきっかけになりますから、自分の気持ちに敏感でいられる大切な欲求となっていますよ。
夜勤明けに性欲の変化を感じるということは、少なくとも健康になにか変化が起きていると考えられるとは思います。ただそれが、健康的にいい状態か悪い状態かはそのときだけでは判断が難しいので、普段と比べてどうかということを意識すると自身の体調の変化を敏感に感じ取ることができるのではないでしょうか。

まとめ

夜勤明けには性欲が増すことはありますが、これは人間の生存本能が関係していることが理由として考えられるようです。

必ず不調になっているというわけではなく、あくまでも普段と比べてどのような状態かということを把握しておくことで健康状態を確認することができるのではないかと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする