生活リズムを直す方法や期間は?睡眠薬は効果的か?

生活リズムを治す

ゴールデンウィークや3連休といった長期休暇になると、体調を崩しがちです。

特に、休日の最終日ともなると、気持ちも憂鬱になりますし、休み明けの日にはなかなかエンジンがかかりません。

このような症状は生活リズムの乱れが主な原因です。




生活リズムを直す方法は?

休みになると寝坊をしたい、のんびりしたいと思うのは当然です。

休みの日は普段とは違う睡眠時間で寝てしまうことがよくありますし、ゴロゴロして一日を終えることもあります。

しかし、普段より遅く起きると、決まって寝たい時に眠くならず、だらだたとテレビを見て過ごしたりしてしまうため、また翌日も寝坊してしまうというサイクルになってしまいます。

休暇が長くなればなるほど、仕事に出かけている日とは真逆の生活習慣が身についてしまうので、休み明けの体調が悪くなるのです。

生活リズムを直すのに必要な期間は?

仮に5連休だとした場合、元の生活リズムに戻すためには最低でも2日くらいはかかるとされます。

ですので、休みの最終日前日は普段仕事に行く時間までに起きているのが望ましいです。

もし、眠くなってしまったら、15分~30分程度の仮眠をとりましょう。
このときに熟睡しないように気をつけましょうね。

そうすれば少しずついつもの生活リズムが戻ってきます。

溜まった疲れは睡眠によって回復しますから、多少の寝坊は良いと思うのですが、それでも普段起きている時間から30分以上は寝すぎないようにしましょう。

1日の始まりが遅いと、生活リズムは間違いなく乱れます。

食事の時間も変わりますし、寝る時間も遅くなりますから、まずは休みの日でも普段通り起きるということが大事です。




生活リズムを直すのに睡眠薬は効果的か?

長期休暇の最終日ともなると、明日からの仕事のことが気になって眠れないということがよくあります。

特に休みの最終日までに生活リズムを戻せなかった時は、その傾向は強くなります。

そんな時に、睡眠薬を使うという方法もありますが、これは本当に辛い時だけにした方が良いです。

普段から医師の処方を受けている人であれば飲んでも問題はないでしょうが、生活リズムが崩れただけで睡眠薬を飲むのは、かえってだるさを増したり、起きるのを辛くしてしまうことにつながります。

何時になっても全然眠れないという時にだけ、最終手段として飲むという考え方がベターでしょう。

それでももし睡眠薬が必要だと感じているなら、ひとまず市販されている安眠サプリや漢方、ドリエルなどといった比較的体に優しそうなものから使用することをおすすめします。

ただ、服用はあくまでも最終手段にすることです。

薬に頼るよりも、普段から休みの日でもいつも通り起きて規則正しい生活をした方が、生活リズムを乱さずに済みますよ。

まとめ

生活リズムの乱れは仮眠や食事の時間などを考えながら行うと改善させていくことができます。

睡眠薬などで生活リズムを直すこともできますが、なるべくなら自分の生活を見直して改善させていくことが望ましいですね。

体内時計は光でできる?

生活リズムを改善する方法で最近注目を浴びているものは『』です。

なんでも光を浴びることで体内時計を調整することができるので、身体のサイクルをコントロールすることも可能になってきていますよ。
生活リズムをなかなか変えられないという方は光の力を頼ってみるのもいいかもしれませんね。
体内時計の調整と明るさの目安を知ってサイクルをコントロール!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする