私の夜勤スケジュール|1日の流れと食事時間

夜勤のスケジュール
夜勤の形態は業態や会社によって違います。
そこで、私が実際に働いている夜勤のスケジュールを紹介したいと思います。

私がどのように1日を過ごしているのか、
その1日の流れや食事に関することについて書いていきたいと思いますので、
これから夜勤を始める方や現在夜勤で働いている方は参考にしてみてください。



私の夜勤スケジュール

まず、1日の流れをご覧になってください。

17:00 起床
18:00~20:00 夕食
20:00~23:00 自由時間
23:00~0:00 出勤
0:00~8:00 勤務
8:00~9:00 退勤
9:00~9:30 風呂
9:30~17:00 就寝

もちろん残業や早出のときもありますが、
1日の流れの基本はこのような感じになっています。

スケジュールの流れがわかっていただけたところで、
続いて食事時間に関して書いていきます。

食事は基本的に1日2回となっています。

17:00に起床してからご飯を作り始めるのですが、
このときに作るご飯はしっかりと食べるので、本格的に料理をしています。

このときに作ったおかずのあまりを勤務中にお弁当のおかずにしているので、
なるべくちゃんとしたものを作るようにしていますよ。

なので、2回目の食事は勤務中の休憩時間に食べます。

休憩時間は3時~4時の1時間が基本となっているので、
この時間帯に自宅から持ってきたお弁当を食べています。

ほとんどの日がこの2食となっているのですが、
たまに帰宅してからお腹がすくことがあります。

そのときは何かしらを食べるようにしているのですが、がっつり食べないようにしています

なぜなら、この時間にご飯を食べてしまうと、睡眠に影響が出てきてしまうからです。

私の場合、帰ってきてお風呂に入ったあとすぐに眠ってしまいます。
なので、この時間でご飯を食べてしまうと熟睡できないのです。

という経験から、この時間帯にどうしてもお腹がすいて仕方がないというとき以外は
なるべくご飯を食べないようにしています。

私の場合はこのような夜勤スケジュールとなっていますが、
細かい部分は人それぞれ違ってきます。

私は固定シフトの5連勤で働いているのですが、
月によってシフトが変わる人もいれば、日勤と夜勤を繰り返す人もいると思います。

そういった場合、スケジュールは自分でしっかりと管理して調整しなければならないので、
とにかく自分にあったライフスタイルを見つけることが大切になってくると思います。

もしうまくスケジュールを立てられない人は優先順位を明確にすることをおすすめします。

私は最優先として睡眠時間はしっかりと確保するようにしています。
全ての基準は睡眠をしっかりと取ることを意識しています。

ひとつ基準ができるとスケジュールが立てやすくなるので、
うまくスケジュールを立てられない方は何を優先させるのかをまず考えてみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする