夜勤のイメージと私のスケジュールからみるメリット・デメリット

夜勤のスケジュール
夜勤に対するイメージと私が働いているスケジュールを紹介していきます。

そこから見えてくる夜勤のメリットやデメリットを考えてみましたので、
夜勤に不安を抱いている方や夜勤に興味を持っている方はご覧ください。



夜勤に対するイメージ

夜勤で働く前は『大変そう』『生活リズムがめちゃくちゃになりそう』という
マイナスのイメージがありましたが、実際に働いてみると半分当たって、
半分違ってという感覚を持っています。

確かに夜勤が大変なのは正解ですけどね。笑

私は清掃で現場の仕事もしているのですが、大変です。

基本的に夜勤の清掃は日中人がいて清掃できないところをメインに掃除するので、
重たい機材を使って清掃したり、より細かく全体的に清掃することが必要になります。

また、日中のように人が多い時間では時間をあまりかけずに清掃するので、
より細かい業務になっているという印象があります。

ですが、業務自体は日勤でも夜勤でも仕事である以上は
大変さというのは変わらないと思います。

一般的に夜勤が大変だと思われているのは
生活リズムが乱れるから』というのが理由だと思います。

私も夜勤として働く前はそう思っていましたが、
実際はそこまで心配する必要はないのかなと思います。

あくまで慣れるまでが大変で、慣れてしまえばそこまで大変ではないのかなと感じますね。

私の夜勤スケジュール

私が実際に働いているところの基本的なスケジュールは
週休2日制の固定休み(連休)となっています。

0:00~8:00までを基本として、1時間の休憩時間があります。

トラブルがなければ少し早めに終われるので、
8:00までが就業時間でもこの時間に退社していることがほとんどです。

ごく稀に残業や早出がありますが、頻繁ではないので気になることはありませんね。

通勤時間はだいたい家を出てから30~40分くらいなので、
22:30過ぎに出社して、8時30分すぎには家に着いています。

一日の流れとしては22:30過ぎに家を出発
→0:00~8:00まで勤務
→8:30過ぎに帰宅
→お風呂にはいって(お腹が空いていたら軽く食べて)9:00~9:30に就寝
→16:00~17:00に起床→~22:30まで自由時間(ご飯・テレビ・読書など)

だいたいこのような流れになっています。

はじめの1週間くらいはなかなかリズムが作れなくて大変でしたが、
慣れると辛いということはなくなってきますので、
夜勤だから大変という固定概念は私の中ではなくなっています。

詳しくは別でまとめていますのでご覧になってください。

⇒私の夜勤スケジュール|1日の流れと食事時間




夜勤のメリット・デメリット

続いて私が思うに夜勤の特徴は
メリットとデメリットがはっきりしているところかなと思います。

まずは、実際に働いていて感じるメリットについて紹介していきますので、
ご覧ください。

メリット1:お金が稼げる

これは夜勤の最大の魅力だと思います。ご存知の通り、夜勤には深夜手当が付きます。

この深夜手当は就業規則によると22:00~5:00までは
25%増しの手当をつけなければならない規則になっています。

また、5:00~からは深夜手当よりも金額は下がりますが早朝手当もありますので、
やはり日勤よりも給料は高いです。

メリット2:お金が貯まる

もう一つお金に関するメリットですが、夜勤はお金が溜まりやすいです。

というのも、平日(連勤中)はお金を使うタイミングがほとんどないからです。

先程紹介した私の勤務スケジュールですが、日中は寝ていて、夜中は働いています。

基本的にお金は日中に食材など生活必需品の出費が増え、
夜~深夜帯にお酒などの嗜好品の出費が増えるとされています。

ですが夜勤の場合、日中は寝ていて夜から働くので、お金を使うタイミングがないのです。

すると無駄な出費が減ってお金が貯まりやすくなりますから
浪費癖のある人は夜勤はおすすめですよ。

メリット3:目覚めてからの時間を有効活用できる

個人的にはこれが夜勤の一番いいところだと思っています。

私が夜勤として働くようになってからは目覚まし時計の音を聞くことはなくなりました。

なぜなら目覚ましをかける必要がないからです。

日勤の場合、仕事を終えて帰宅してからご飯を食べたりお風呂に入ったりとなります。

そして、ついついゲームに没頭しすぎて夜中まで起きてしまうという経験は
誰もがしたことがあると思います。

次の日に寝坊しないように目覚ましをかけて眠り、
朝まだ寝たいのに無理矢理起きなくてはいけません。

起きてから急いで支度して、満員電車に乗って・・・

この習慣はかなりストレスが溜まるものです。

夜勤にはこういったストレスがありません。

目覚ましをかけることなく起きて、趣味の時間を過ごしてから気持ちよく出社します。

反対ホームに止まる満員電車を片目にしながら、
自分は席に座って電車にゆられます。

もちろん帰りも満員電車とは無縁の電車で帰宅できます。

このように夜勤にはお金が稼げるという賃金のメリットはもちろんのこと、
満員電車など余計なストレスを感じないストレスフリーな生活を送ることができるのです。

一方メリットもあれば、当然デメリットもあります。

デメリット1:日中の突然の訪問

夜に働いているので、当然日中は眠っているのですが、
そんな時に限って「ピンポ~ン」と訪問されることがあります。

私はよく通販を利用するのですが、大抵は時間指定ができるのでいいのですが、
たまに自分が指定してないものが送られてくると急に起こされてしまう時があります。

これは意外と不快になりますので、なるべくなら時間指定で送ってもらうようにしましょう。

デメリット2:友達や彼氏・彼女と予定が合わせにくい

夜勤は友達や彼氏・彼女と予定を合わせにくいです。

予定を合わせたら夜勤で働いている方が睡眠時間を我慢して会うようになります。
ですので、休日をうまく利用しながら予定を合わすようにしましょう。

けれども、社会人になると毎週頻繁に会うということもなくなるので、
気にすることはないのかなと思います。

デメリット3:食事の管理が難しい

夜勤はご飯を食べる時間も特殊な感じになります。

夜勤をはじめて太ってしまう人や反対に痩せてしまう人もいます。
夜勤は食事の管理が難しいので、体型が変わりやすい人は注意が必要ですね。

まとめ

夜勤で働くことは決して悪いだけではありませんし、
自分の健康もきちんと管理すれば維持することはできます。

夜勤について何か不安を持っている方は当サイトを参考にしてくださいね。