花粉症で寝れない時の対策法!鼻水・鼻づまりに即効性があるのは何?

花粉症で仕事に集中できないのは辛いですが、寝れないのも辛いですよね。

目と鼻のどちらにも症状が出ると思いますが、特に辛いのは鼻水・鼻づまりで、息ができないので寝れたとしても寝た気がしないです。
それに、口呼吸になってしまうので喉を痛めてもしまいます。

花粉症で鼻水・鼻づまりがひどく寝れない時、即効性がある対策法は何があるのかを考えていきましょう。



花粉症で寝れない時の対策法

花粉症で鼻水・鼻づまりの症状に悩まされ、寝れないということはすぐにでも対策をしなければなりません。

寝れないと頭が回りませんし、仕事に影響がでますからね。

そこで、どんな方法を使えば寝る時にスッキリとした気持ちで寝付くことができるのかを実際に試してみました。

いろんな方法がありましたが、大きく3つの方法で効果を感じることができたので、そちらを紹介しますね。

花粉症で寝れない時の対策その1:薬

既に症状が出てしまっている時の対策方法で一番即効性が高かったのは市販されている花粉症の薬(アレグラやアレジオンなど)ですね。

手軽に飲むことができますし、即効性も高いと思いますので薬に頼るのはアリだと思います。

花粉症の薬はどれが効くのかなどがランキングされて紹介していることもありますが、どれも同じかなというのが個人的な感想です。

「嵐の大野くんがCMしてるからアレグラがいい!」と思うならそれでいいと思いますよ。

ただ、注意しなければならないのは妊婦さんや子供が使うと副作用が出てしまうこともありますし、用法用量が違っている場合もありますのでよく確認する、できればお医者さんの診断を受けてから使用するようにしましょう。

私も本当に辛い時に使うようにしていて、それ以外はなるべく別の方法を試しています。

花粉症で寝れない時の対策その2:点鼻薬

手軽に行えるものとしては点鼻薬はおすすめです。

寝る時だけでなく日中も使うことができますし、使用したあとは鼻の通りが良くなっているのでスッキリしますね。

ちなみに、私が花粉症で寝れない時に一番使用するのは点鼻薬です。

一日の回数制限があるので、使いすぎるとだんだん効果がなくなってしまうということもあるので、使い方には注意が必要だとは思います。

花粉症で寝れない時の対策その3:アロマ

女性に人気の方法としてはアロマを使用する方法もあります。

花粉症による鼻水や鼻づまりに限らず、リラックス効果も期待できますので、一石二鳥な感じもありますね。

私も過去に使ったことがあったのですが、個人的には思ったような効果を感じることはできませんでした。

相性もあると思いますので、一度試してみるのはおすすめします。

即効性という点に絞って対策をするのなら以上の3つがおすすめできるかなと思います。

いずれもメリットとデメリットがあるので、自分に合った方法を見つけてみましょう。



花粉症対策で一番効果があったもの

花粉症で寝れないという状態になった時、後悔することがあります。

それは「なぜ予防対策をしていなかったのか」ということです。

以前「えぞ式すーすー茶」という鼻水・鼻づまり対策、花粉症や鼻炎、イビキに対するお茶を飲んでいたことがありました。

『お茶で花粉症対策ができるのか?』と疑ってはいたのですが、実際に年内から飲み始めたところ年明けから3月頃までひどい花粉症の症状をほぼ感じることなく過ごすことができました。

ただ、その翌年は「えぞ式すーすー茶」を飲まなかったためなのか、花粉症の症状がひどかったです。

花粉症の量は毎年違いますし、お茶を飲んだから対処出来たのか真相はわかりませんが、花粉症に悩んだ時と悩まなかった時の差を考えると違いは「えぞ式すーすー茶」を飲んでいたかどうかのような気がします。

予防ということで症状が出てから治った場合と比べて実感が湧くのを感じにくいというデメリットはあるのですが、対策しないよりは対策した方が気持ち的にもいいのかなと思っていますよ。

結局、花粉症対策で一番効果があるのは予防することなのかもしれませんね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする