睡眠の質を上げる食べ物が効果的な理由からサプリメントの必要性を考よう!

睡眠の質を上げる方法は寝具を変えるなどいろいろありますが、食べ物に気を遣うというのは手軽にできる方法かもしれません。

そこで、どんな食べ物が睡眠の質を上げるのに効果的なのかをまず紹介したいと思います。

その上でその食べ物がなぜ効果的なのかを書いていきますね。




睡眠の質を上げる食べ物

睡眠の質を上げる食べ物はいくつもあるのですが、それらは食材に含まれる栄養素によって分けられます。

トリプトファン:大豆食品、青魚、チーズ・牛乳等、レバー類、ナッツ類
ビタミンB6:バナナ、あずき、ごま
ナイアシン:たらこ、マグロ、ピーナッツ、スルメ
マグネシウム:ナッツ類、海藻類、豆類

上記はあくまでも一例ですが、これらの栄養素が含まれている食材を摂取することで睡眠の質を上げることができるとされていますよ。

これらの食べ物を見ていると焼き魚、納豆、味噌汁、海苔など和食は健康にいいと言われている理由がわかる気もします。

睡眠の質を上げる食べ物としていくつか紹介しましたが、そこに含まれている栄養素というのは共通点があるのですね。

その共通点というのはセロトニンの材料ということです。

セロトニンはメラトニンの材料になるのですが、この2つの関係性を知ると睡眠の質を上げる食べ物が効果的である理由がわかると思いますので、簡単ではありますが説明しますね。



睡眠の質を上げる食べ物が効果的な理由

睡眠の質を上げる食べ物が効果的なのはセロトニンなのですが、セロトニンは起きてから光を浴びて14~16時間後に眠りのホルモンであるメラトニンに変わります。

ですので、起きてすぐに光を浴びるということはその瞬間から眠りにつきやすくなるような状態を作り始めるということになるのですね。

セロトニンがたくさん分泌されれば、夜になると自然に眠気がやってきて、しっかりとした睡眠サイクルが整うようになります。

ですので、セロトニンの栄養素となっているトリプトファン、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムなどを食べ物から摂取するのが睡眠の質を高めるのに効果的だとされているのですよ。

セロトニンは目覚めを促すだけではなく、イキイキと前向きな気持ちにしてくれる効果もあるので、うつ病の予防にもつながります。

光を浴びてセロトニンを十分に分泌させることが出来れば、食事でわざわざ栄養素を摂る必要はないと思われますが、夜勤で働いているなど生活習慣が乱れている方は食事は欠かせないものですので、意識してみるといいのではないでしょうか。

睡眠の質を上げるサプリメントの必要性

睡眠の質を上げる食事やその理由についてはわかっていただけたと思いますが、現実問題として、きちんと光を浴びる生活を送ることや必要とされる食べ物を摂取することは難しいと思います。

その悩みを解決するためには生活を見直すきっかけを作る必要がありますよ。

その一つがサプリメントでしょう。

サプリメントのいいところは必要な栄養素をピンポイントで補うことができるという
ことですので、効果を感じやすいということが考えられます。

デメリットとしてはどんな栄養素が自分には足りていないのかが分からなければ、
効果的とは言えないので、理想としては病院で検査をして何を補えばいいのか
を把握しておくことでしょう。

ただ、睡眠の質が良くないと感じているのなら、それに関わる何かが欠けている
ということですから、睡眠の質を高めてくれるサプリメントを選ぶといいですね。

自分との相性もあるのでいろいろ試す必要が出てきますが、
コチラなんかはピンポイントで補うというのに適しているのではないでしょうか。

>>朝にスッキリ感に特化したサプリ「intiグッドモーニングサプリ」の詳細はコチラ

また、理想としてはサプリメントに頼らないで自然に起きて、自然に眠くなるというサイクルを作ることだと思います。

そのサイクルを作るサポートをしてくれる商品もありますので、その商品の特徴を漫画で確認してみるのもいいかもしれません。

☆関連記事はコチラ
光目覚まし時計の効果を漫画で確認してみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする