ナイトワークのメリットとデメリットを理解しよう!

ナイトワークのメリットデメリット

ガールズバーやキャバクラなどのナイトワークで働くことは他の仕事では手に入れることができないメリットと夜に働くことならではのデメリットがあります。

これから働こうと思っている方はナイトワークのメリットとデメリットを理解した上で、体験入店をするかどうか決めてみるのがいいかもしれません。

最後にナイトワークで働こうと思う方にコツをお伝えしてきたいと思いますので、ご覧になってください。




ナイトワークのメリット

1.時給がいい

ナイトワークを選ぶ女性の多くが時給がいいからという理由で働きます。

水商売は最低時給は未経験であっても1500円ほどありますし、成績次第では給料は青天井ですから昼のお仕事よりも手っ取り早く稼ぐことができますよ。

2.振る舞いが身につく

ナイトワークではどうしたらお客さんが楽しんでくれるのかを常に考えるようになります。

ですので、自然と気遣いができるようになったり、相手を楽しませる会話術が身につくので、おもてなしの振る舞いができるようになりますよ。

3.女性としての自信がつく

ナイトワークで働く方の中には自分に自信をつけるために働く方もいます。

水商売は自分自身が商品となるので、お客さんから指名されるということは自分自身の価値が上がっているということになるわけですから、女性としての自信が身につきますよ。

何人もいるキャストの中から自分を指名してもらえるのは、誰でも嬉しいものですし、こういった経験はなかなかできないのではないでしょうか。

4.キレイになる

女性は自信を持ったり、ライバル(一緒に働く子)がいると切磋琢磨してキレイになろうと努力をします。

メイクを覚えたり、ダイエットを頑張れたり、ナイトワークをすることでキレイに磨きがかかるようになっていきますよ。

5.普段知りあえない人と知りあえる

ガールズバーやキャバクラで働いていると普段の生活では出会えない人と知りあえるきっかけになります。

それこそ、経営者や有名人から田舎から出てきたようなちょっと芋っぽい男性まで、なかなか出会おうとしても出会えない人と出会う機会ができます。

そういったお客さんと会話することは学ぶものが多く、ナイトワークを辞めた後でも次の仕事に活かされることもありますよ。

ナイトワークで働くメリットとしては以上のことが代表的なものとして挙げられます。

ナイトワークのデメリット

ナイトワークにはお昼の仕事にはないデメリットが存在しますので、そちらについてもしっかりと把握しておきましょう。

1.お昼の仕事に戻れなくなる

ナイトワークで働く人のほとんどはお昼の仕事に戻っていきます。

ですが、ナイトワークの高い給料に慣れてしまうとお昼の仕事をするのがバカバカしくなる感覚も出てきます。

結局、ナイトワークに戻ってしまい同じような働き方に戻ってしまうとう方も珍しくありません。

2.偏見がある

ナイトワークというとカリスマキャバ嬢などの登場によりテレビや雑誌で取り上げられるようになり、良くも悪くもそういった人が働いているイメージを持たれやすいです。

水商売に対する偏見は昔に比べれば少なくなったとはいえ、未だに偏見の目を持つ人はいるようですね。

3.メンタルの負担がある

一見華やかに見える世界にはその裏で見えない辛いこともあります。

水商売で接客する相手は必ずしもこちらが望んだようなお付き合いをしてくれるお客さんだけではありません。

仕事や家庭の不満を抱え虫の居所が悪い方もいます。

そういった相手でも笑顔で接客をし、お客さんを笑顔にして送りださなければなりません。

4.体調を悪くする危険性もある

どうしても生活リズムが夜型になってしまうので、睡眠障害になってしまったり、毎日お酒を飲むことで身体を壊してしまうこともあります。

以上がナイトワークをすることで考えられる代表的なデメリットとなります。

ナイトワークで働くために

ナイトワークで働く上ではこれまでに挙げたようなメリットやデメリットがあります。
それを理解したうえで働くと決めた方のために少しばかりコツをお伝えしておきたいと思いますね。

ナイトワークで働こうと思っているのなら「目標」と「期間」を決めておくといいでしょう。

まず「目標」についてですが、お金を稼ぎたい方はなぜお金を稼ぎたいのかを明確にしておいた方がいいでしょう。

学費を稼ぐため、旅行費を稼ぐため、なんでも構いません。
メリットに挙げたように自分に自信をつけたいというものでも構いません。

何か目標を決めておきましょう。

そして、「期間」も決めておきましょう。

「資格の勉強に専念するための資金を集めるために3ヶ月だけ働く」
「好きな人に告白するために半年間働いてキレイになる」

このように期間を決めておくだけでも辛い仕事を乗りきれたりしますよ。

ナイトワークで働く時にずっとその世界で働くことをイメージする人は少ないと思います。

ですが、現実は働いて辞めてを繰り返したり、なかなかやめられないという方が多かったりします。
これは「目標」と「期間」を決めていないから起こる現象と言えるでしょう。

この2つを明確にすればきっと財産になりますから、くれぐれも忘れないようにしておきましょう。

まとめ

ナイトワークで働くことにはメリットもデメリットも存在します。

「人」、「お金」、「健康」というのが大きくかかわってきますので、このバランスを一度しっかり考えてみてからナイトワークを選ぶかどうかを決めてみてはいかがでしょうか。