汗は乾いたタオルで拭いてはいけない理由

汗は乾いたタオルで拭いてはいけない

汗をかいたときに制汗スプレーを吹きかけたりして汗ジミ対策をすることがありますが、一番てっとり早い方法は直接汗を拭く方法だと思います。

ですが、汗を拭くときは乾いたタオルでは拭いてはいけないとされていますよね。
その理由はなぜだか知っていましたか。



汗を乾いたタオルで拭いてはいけない理由

汗を乾いたタオル、あるいはハンカチで拭いてはいけないのは乾いたタオル等で拭くと逆に汗が止まらない状態になってしまうからです。

そもそも、汗をかくのは体温が上がりすぎてしまい、体内のたんぱく質が変質してしまうことで体調を崩してしまったりすることがあるからで、それを防ぐために汗を蒸発させて気化熱によって体温を下げる必要があるのですね。

ですが、乾いたタオルで汗を拭いてしまうと、また汗を出さないといけないと体が反応するので、余計に汗をかいてしまうのです。

汗をかいたらすぐに拭き取りたくなりますが、拭き取ってしまったらまた体の中から水分を出さないといけなくなるので、体温が下がるまではこれを繰り返してしまう可能性もあるのですね。

汗は湿ったタオルで拭けばいい

汗を乾いたタオルで拭き取ってはいけないと書きましたが、ダラダラと流れる汗をそのままにするのは気分が悪いですし、相手にもいい印象を与えることができませんよね。

そんなときはどうしたらいいのかというと、湿ったタオルで拭けば問題は解決に向かっていきますよ。

湿ったタオルで拭けば汗をとることはできますし、水分も残すことができます。

その状態にしておけば体温を一定に維持することができるので余計に汗をかくことがなくなっていきますよ。

意外と簡単な方法で流れる汗の対策はできるのですね。

けれども、湿ったタオルをずっと持ち歩くのはなかなか面倒ですから、いい対策ではないと思うかもしれませんが、そういった場合はタオルにこだわる必要はなくウエットティッシュや汗ふきシートで代用できます。

ウエットティッシュ等なら薄くてコンパクトのものもありますから持ち運びに困ることはありませんし、香りのついているものもありますので、いい匂いを身にまとうことができますよ。

個人的にはピーチの香りがするものが好きですね。

まとめ

汗は乾いたタオルでは拭いてはいけないと言われているのは、水分を奪ってしまうことで体内からまた水分を放出しなければならないからだとされています。

皮膚表面に水分があればこの問題は解消されるので、少し意識するといいかもしれませんね。

過去に熱中症対策として汗を拭くのはよくないと書きましたが、そのときにも似たようなことを書いているので、こちらの文章も参考にしてみてください。

熱中症対策で汗を拭くのはNG!汗との正しい付き合い方は?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする