パソコンの目疲れの原因は?休憩のタイミングと解消させるグッズ!

パソコンでの作業を1日10時間以上することも珍しくないと目が異様に疲れてきますよね。
目を閉じて休憩しないとダメだと本能的に感じることもあると思います。

なぜパソコンで目が疲れるのかその原因を改めて確認し、どのくらいのタイミングで休憩するべきなのかを知っておきたいと思います。

また、目疲れを解消させるケアグッズとしておすすめなものはないか調べてみました。



パソコンの目疲れの原因は?

パソコンの目疲れのことは眼精疲労と言われていますが、パソコンによる眼精疲労の原因は主に以下の5つだとされています。

・パソコンの目疲れの主な原因5つ
(1)緊張し続ける目の筋肉
(2)ブルーライト
(3)ドライアイ
(4)画面の明るさ
(5)姿勢
(引用元:パソコンによる目の疲れの正しいケア方法-ヘルスケア大学

大方予想のつく原因でしたが、画面の明るさや姿勢は今すぐにでも改善できるポイントですね。

画面の明るさはなるべく明るさを落とした設定にする必要があり、部屋の明るさも重要のようです。
部屋の明るさは100ルクス以下だと目に負担になると言われていますが、100ルクスがどのくらいの明るさかはわかりにくいのでとりあえず部屋を明るくすることを心がける必要があるようですね。

他にも細かい点を挙げれば姿勢だったり、モニターまでの距離だったりがも重要になってきますが、長時間パソコンの画面を見続けることになれば目の負担は大きくなりますから、細かいところに気を遣うよりも休憩を取ったほうが効果的でしょう。



パソコンの休憩のタイミング

パソコン作業を続けていると休憩するタイミングを忘れてしまいますが、何時間も画面を見続けていると目の筋肉が緊張してしまうので、適度に休むことが必要になります。

そこで、気になるのは休憩のタイミングをどのくらいで取るのかですね。

一般的には1時間くらい作業したら、15分くらい休むのが理想だとされています。

子供の頃からゲームの時間を1時間くらいに制限されていたりしましたし、1時間というのが大人も子供も共通する一つの目安なのかもしれません。

実際はそう上手くはいかないですが、1時間くらいで終えられるように仕事の内容を分割すると目の負担は軽減させることができるのかもしれませんね。

また、ご飯休憩など長時間パソコン画面から離れるタイミングで目薬をさしてリラックスするのもいいですね。

休憩ごとにさすと一日に何十回も目薬をさすことになってしまい、逆に悪影響を及ぼすとされていますから、ご飯の時だったり、移動中だったりに目薬をさす方が適当な使い方かもしれません。

目の疲れを解消させるケアグッズ

目の疲れの原因や休憩のタイミングというのはわかっているけれども、できないというのが現実問題としてあると思います。

そこで、大切なのは目が疲れたときのケアでしょう。

目の疲れを解消させることができるケアグッズについて調べてみました。

調べてみると大きく2つの商品に分けられるのかなということに気づきます。
それは使い捨てかどうかです。

蒸気でホッとアイマスクのような使い捨てのものが一般的なようですが、私は慢性的に疲れ目な感じがしているので、多少お値段が張っても長く使えるものを探しています。

そこでもっと別のものを探してみるとパナソニック、ヤーマン、MTGの大手3メーカーに私の望んでいるような商品がありました。

ただ、この3つの特徴としてどんな違いがあるのかがまだわからないので、今度この3つの特徴について比較してみたいと思います。

比較して自分に合っているものが分かりましたらこちらで紹介しますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする