ガールズバーはお酒が飲めない人も働ける?

飲めなくてもガールズバイトで働ける?

ガールズバーやキャバクラなどのナイトワークで働こうと思っていても未経験でよく仕事内容を知らないと不安なことがあると思います。

女性のナイトワークはお酒の場でもあるので、お酒が飲めないと働けないと思っている方もいるかもしれません。

実際のところお酒が飲めなくても働くことは可能なのでしょうか。



ガールズバーはお酒が飲めなくても働けるの?

ガールズバーやキャバクラではお酒が飲めなくても働くことができます

もちろんお酒が飲めるに越したことはありませんが、飲めないからと言って働けないということはないでしょう。

女性のナイトワークではお客さんがお店で注文するドリンクが多ければ多いほど、女の子の成績は上がるので、一緒に飲めれば成績は上がりやすいですが、無理に飲んで酔ってしまい、接客ができなくなってしまっては本末転倒です。

ですので、無理に飲んで仕事にならないということのないように注意しなければいけませんよ。

お酒が飲めなかったり、弱い方でも工夫次第で乗り切ることができます。

例えば、自分で水割りを作るときは薄めに作ったり、ボーイさんにあらかじめアルコールなしのドリンクをお願いしておく、あとは正直にお酒が飲めないことを伝えて他のドリンクの注文にしていくなどなど、アイディア次第で対応することができますよ。

大事なのはお酒が飲めることではなく「お客さんを楽しませること」ですので、その気持ちを忘れずに上手く付き合っていきましょうね。

お店によってはお酒が全く飲めないと採用してもらえないところはありますので、面接の時に正直に伝えておいた方がいいでしょう。

飲めないのに飲めると言ってしまうと、後で自分の首を絞めることになりますし、「うちのお店は飲めなくても大丈夫」というお店もありますから、
そういったお店を探すようにするといいですよ。

>>体験入店専門!キャバクラ・ガールズバー求人情報はコチラ

お酒を飲まないといけない時の対策

女性のナイトワークではお酒が飲めなくても働けますが、付き合いで飲まないといけないこともあるかもしれません。

そう言ったときはドリンクやサプリなどで対応する必要があります。

お酒をあまり飲まない方は勘違いされている方もいるのですが、アルコール対策には大きく2つのパターンに分けられると考えられますよ。

一つは前もって対策をすることで、お酒を飲んでも対応できるようにするもの、もう一つは二日酔いになったあとにその症状を改善させるものです。

ナイトワークでお酒を飲む方は、お酒の場で酔ってしまい接客ができなくなってしまうことを避けなければならないので、前者のような前もって対策をする方法を取ったほうがいいでしょう。

個人的におすすめの商品としてはスパリブは効果があったので、試してみるのもいいかもしれません。

私はお酒が強くないのですが、今日は飲むぞという日はこれを飲むと最後まで楽しんで飲むことができました。

お酒を飲む量やアルコール度数、体質などで効き目は変わってくるとは思いますが、試してみる価値はあると思いますので、参考にしてみてくださいね。

>>楽しく飲んで翌朝スッキリ!スパリブ(SUPALIV)の詳細はコチラ

まとめ

ガールズバーやキャバクラではお酒が飲めなくても働くことはできます。

もちろんお酒が飲めるに越したことはありませんが、大切なのは「相手を楽しませること」ですので、そこを忘れなければ対策はできますよ。

もし、どうしても付き合いでお酒を飲まなければならないときは前もって対策をするサプリメントの使用をおすすめします。

無理に飲んでしまうことの危険性

私はアルコールがあまり得意ではないのですが、過去にお酒を飲んでアルコール筋症という症状にかかったことがあります。

これは体調があまりよくなかったことが原因として考えられるのですが、こういった症状になってしまう危険性もありますので、無理に飲むことは避けましょうね。
お酒を飲んで体が痛い症状と対処法の体験談