寝ないと太るのはなぜ?睡眠と肥満の関係とは?

寝ないと身体にさまざまな負担がかかり、不調をきたすことになります。

寝不足による疲労感やだるさ、集中力の低下などは感じたことがある方も多いと思いますが、実は肥満の原因も睡眠不足が関係していると考えられているのですよ。

なぜ寝ないと太るのかを知ってみましょう。




寝ないと太るのはなぜ?

睡眠障害や睡眠不足になると太ると言われているのですが、これは代謝系や食欲にも影響を与えると考えられているからです。

成人男女を対象にした研究では睡眠時間が7-9時間の者に比べ4時間以下の睡眠者では肥満率が73%も高く5時間の睡眠者では肥満率が50%も高いという結果があるようですね。

また、別の研究では8時間睡眠者と比べて5時間睡眠者では食欲を高めるホルモンが14.9%多く食欲を抑えるホルモンが15.5%少ないという結果もあるそうです。

出典先が明記されていなかったので、この情報を鵜呑みにするのはどうかと思いますが、肥満のリスクが高くなってしまうというのはどこを調べても書かれていることのように思います。

ところで、睡眠障害や睡眠不足が代謝系に影響を与えるということは体感したことがありますが、なぜそれが肥満のきっかけになるのでしょうか。

睡眠不足で体調が悪いと食欲は湧きませんから、どんどん痩せる一方の気がします。

この点についてですが、症状が深刻になると食べられないので痩せるようですが、初期症状としては朝起きたときに強い眠気があるので食欲がわかず、午後に食欲が増してしまい結果的に摂取カロリーが増えやすくなってしまうから、太ると考えられているのですね。

さらに、眠気があると運動意欲もなくなりますので、疲れやすく日中の運動量も減ってしまいます。

すると、摂取カロリーは増え、消費カロリーは減ってしまうので太りやすくなるということにつながります。


睡眠と肥満の関係

摂取カロリーが増え、消費カロリーが減ってしまい太るということは体感として感じることがあるかもしれませんが、体の中ではさらに肥満を誘発することが起きています。

眠気が強いと睡眠が本来持つ特質であるエネルギー消費を抑えて糖質代謝パターンがかわり、摂取したものが蓄積されます。

糖質は結果的に脂質に変換されるので、睡眠不足は肥満に繋がってしまうのですね。

以上のことから、睡眠不足は肥満と関係していると考えられているのです。

なので、もしダイエットをしているのに痩せないという方がいるのなら、食事制限やエクササイズなどのダイエットに躍起になるよりも、まずは睡眠をしっかりととって睡眠不足を解消することから始めた方が効果が得やすいのではないでしょうか。

何かを変えれば急にうまくいくこともありますが、睡眠をちゃんとすることはその最たる例になり得ると思います。

睡眠に関してはこのブログでいろんなことを書いていますので、時間がある時にでもご覧になってください。

関連記事⇒睡眠時間が5時間より少ないと糖尿病になる?社会人の理想は何時間?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする