寝汗を背中にかく原因と対策方法とは?

背中の寝汗

冬が終わり夏になるにつれて、暑くなるので、寝汗を背中にびっしょりとかく日が増えてきます。

放っておくと背中ニキビの原因になったりすることもあるので、原因と対策方法を知っておきましょう。




寝汗で背中に汗をかく原因

寝汗で背中に集中して汗をかくという方は仰向けで寝ていることが原因だと推測されます。

仰向けで寝ていると空気がたまりやすくなり、熱がこもりやすくなってしまします。
背中に集中して汗をかく方は睡眠時の姿勢を変える工夫が必要かもしれません。

しかし、仰向けに寝ていてもあまり汗をかかない方もいますが、それは自律神経が大きくかかわっていることが考えられます。

寝汗の原因はいくつかあるのですが、例えばストレスが挙げられます。

ストレスを感じたまま眠りにつくと質の悪い睡眠になりますが、ストレスは自律神経を乱し神経伝達が正常に行われません。

そのために、睡眠中の体温をうまく調節できず汗をかくのです。
自律神経の乱れから上がった体温を下げぬまま眠ると背中に汗をかいてしまうのですね。

また飲酒、アルコールの過剰摂取も原因のひとつです。
アルコールに含まれる「アセトアルデヒド」を体外へ出したいとゆう指令から発汗作用を促し寝汗につながります。

そして、女性の場合は生理も関係します。
女性ホルモンの量が増減することでホルモンのバランスが乱れ生理前だけ寝汗をかくこともあります。

寝汗をかく部位によっては病気の前兆である可能性も否定できないので、のど周りなどで異常に寝汗をかいていたりした場合は少し気にかけた方がいいかもしれません。

寝汗の原因と場所の関係と更年期障害の可能性について




寝汗で背中に汗をかかない方法

寝汗をなるべくかかない方法があるので、紹介していきますね。

まず大切なのは質の良い睡眠環境を作ることです。

汗をかくからと言ってエアコンをガンガンにつけてしまう方もいますが、体調を崩してしまうことがありますので、寝汗対策にはクーラーよりも除湿、ドライにして扇風機を回すのが良いでいょう。

また、服装も通気性がよく寝返りしやすいものがいいでしょう。
ジャージやスウェットよりもやはりパジャマがおすすめですね。

パジャマがないという方は背中にタオルを入れるのもよいでしょう。
はじめは暑く感じるかもしれませんが服一枚より汗の吸収はよいので背中にびっしょり汗をかく場合はおすすめします。

他の方法としては、氷まくらを首元に敷き寝るのも効果的でしょう。
首には太い血管が通っていますので、体温を下げるのにはここを冷やすのが早いです。

汗をかくからと言って水分を取らずに寝る方もいますが、それは逆効果ですよ。

水分を取らなくても汗をかきますし、十分な水分が取れていないと脱水症状や熱中症などの症状を引き起こす可能性があります。

特に熱中症などは外にいる時よりも部屋の中で発症することが多いので、適度な補給、コップ1杯は飲んでから眠りにつきましょうね。

お酒も睡眠の質、寝汗と関係がありますが、習慣化している方はすぐにはやめられないと思います。

ですので、ストレス発散代わりに飲むこともあるでしょうし、睡眠以外の面で考えると悪いことばかりではないので、やめることはないと思いますが、ただ飲みすぎはいけませんよとは意識して欲しいものです。

寝汗は睡眠の質が悪いと起こりやすく、睡眠の質はストレスが大きく関係しているので、寝るときは少しでもリラックスできる環境にして下さい。

アロマをたく、ゆっくりとお風呂に入るなどの方法も効果的ですよ。

まとめ

寝汗を背中にかいてしまうのは寝ているときの姿勢だったり、睡眠の質が悪いことが原因だと考えられます。

なるべくストレスを感じさせないような睡眠環境を整えることで寝汗を改善させていくことができますよ。

ただ、寝汗は多少かいてふつうですので過敏になりすぎないようにしてくださいね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする