夜勤は未成年でも働ける?高校生がコンビニバイトで働く場合

高校生が夜勤のバイト

夜勤で働きたい未成年の方も多いと思います。

そもそも未成年でも夜勤で働くことができるのか?
高校生はOKなのか?

コンビニバイトで高校生が働く場合についての意見などを
書いていきます。

夜勤は未成年でも働けるのか?

夜勤で働きたい未成年の方も多くいると思います。

そもそも、未成年が夜勤で働くことができるのかということに
疑問を持っている人もいるかもしれませんね。

結論から言えば、未成年であっても夜勤で働くことはできます。

未成年とは満20歳になっていない人のことを指しますが、
満18歳以上であれば夜勤で働くことは可能です。

夜勤は日勤と比べれば給料もいいですし、客層や職場の人間関係など
普通に生活していては見ることのできない世界がありますので、
社会勉強としては若いうちに夜勤を経験するのは私の意見としては悪くないのかなと思います。

もちろん健康のことを考えれば、いい面だけではありませんが、
「経験」という意味では未成年のうちに夜勤をするのはいいかもしれませんね。

夜勤は高校生でも働けるのか?

未成年でも夜勤で働けるといいますが、18歳以上でも高校生の場合はどうでしょうか。
この部分はわからないところもありますよね。

原則としては、高校生であっても18歳以上であれば夜勤で働くことはできます。

労働基準法によって、18歳未満は22時以降は働けないとなっていますが、
18歳以上になればその基準には当てはまらないので、たとえ高校に在学していても夜勤はできます。

ただし、これはあくまでも働く地域や会社によって違います。

地域や会社によっては18歳以上であっても高校在学中は22時以降に
働くことを禁止しているところもあります。

ですので、高校在学中であるけれども夜勤で働きたいという場合には
面接の時にその旨を伝えておくようにしましょう。

はじめからそういった意思を伝えることで後々のトラブルを未然に防ぐことができます。

違法なことをしてしまえば会社もあなたも被害を受けることになりますから、
自分の意思はしっかりと伝えておきましょう。

高校生が夜勤のバイトをするということ

高校生が夜勤のバイトをすることを簡単に考えていませんか?

例えば、コンビニのバイトは高校生でも気軽にできますし、
在学中でも夜勤で働けるところもあります。

ですが、そこまでして夜勤で働きたい理由はなんでしょうか?
自分が夜勤で働きたい理由をまずはもう一度考えてみてください。

夜勤で働くということは家にいて夜中ずっと起きていることとは違います。

やっぱり普通に起きているのとは違って疲れますし、
次の日、次の休みの日まで影響を及ぼします。

一応社会人として数年働いている私の意見としては、
高校生のうちは高校生にしかできないことをするべき」だと思います。

まずは勉強、そして部活や恋愛、ボランティア活動などなどを
全力で取り組むようにしましょう。

社会勉強としてアルバイトをするのはいいと思いますが、それも
学業に支障のない範囲でするべきです。

どうしてもお金が欲しいのなら親にお金の前借りをするなど、
信頼できる人から借りるようにしましょう。

私はアルバイトをしてお金を稼ぐよりも
親を説得してお金を借りて運用することの方が自分の将来のためになると思いますよ。

これはある種の「投資」の考えになるのですが、
投資するという考えを若いうちからもっておくと社会に出た時に人より抜きんでることができます。

それに自分の親を説得できなければ、他人を納得させることもできませんからね。

まとめ

未成年であっても夜勤で働くことはできます。

高校生であっても18歳以上であれば働くことはできますが、
その場合には

「どうして夜勤でなければいけないのか?」

それを未成年の方、高校生の方はよく考える必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする