目覚めが悪い理由は肝臓に原因?病気の予防が健康維持に大事な訳とは?

お酒の付き合いが増えてきて何となく朝がつらい。

そんな時期は誰しもが経験することですが、最近はお酒を控えているのに朝からスッキリせず、目覚めが悪い日々を過ごしているなんてことはありませんか。
もしかしたら肝臓に原因があるかもしれませんよ。

肝臓の病気は予防が大切だと言われていますから、大きな健康障害を引き起こす前に一度じっくりと肝臓のことを考える必要があるかもしれません。



目覚めが悪い理由は肝臓に原因がある?

目覚めが悪いと一日中スッキリしないで過ごすことになってしまいます。

昨日お酒を飲みすぎた、暴飲暴食してすぐに寝てしまった、そんな生活をしていたら目覚めが悪くなってしまうのは当然かもしれませんが、それなりに規則正しい生活を送っているのにも関わらず目覚めが悪いという原因不明の不快感があると不安ですよね。

寝具が合わないなどいろんな原因が考えられますが、もしかしたら肝臓に原因があるかもしれません。

寝具が合わないなと感じている方はコチラの記事を参考にしてください。
寝返りの回数が多いと熟睡できない!疲れも取れない!

肝臓というと主な機能として代謝を促す、アルコールや老廃物を解毒する、脂肪の消化吸収を助けるなどのイメージがありますが、実は細かい機能がたくさんあると言われています。

免疫力の低下など一見関係ないような症状であっても実は肝臓の機能が十分に働いていないからかもしれません。

肝臓の関連疾患に関しては詳しく紹介しているサイトがあるので、そちらを参考にして頂ければと思います。

>>しってる?関連疾患:肝機能ナビ

肝臓の病気は予防が健康維持に影響を及ぼす理由

目覚めが悪い原因として肝臓が関わっているということはあまり聞いたことがありません。
ただ、肝臓というのは重要な役割を果たしているのにあまり注目されない臓器なのです。

ご存知の方も多いと思いますが、肝臓は身体の中でもっとも大きい臓器です。
それなのに注目されないのは「沈黙の臓器」と呼ばれているからなのですよ。

肝臓というの自分で変化に気づきにくく、異変を感じたらその時には何らかの病気になっているということが多いのですね。

ですので、健康診断を受けて肝機能(GOT、GPT、γ-GTPなど)の数値が高い方は普段から注意しておく必要があるでしょう。

肝臓は病気が発症してしまうと手遅れになってしまうことがあるので、予防することが大切です。
健康維持には日頃の準備が肝心なのですね。

とはいうものの、あまり対策をしている人は少ないです。

この理由としては「何をしたらいいのかわからない」ということが多くの意見としてあります。
確かに肝臓をケアする方法はなかなか思い浮かばないですよね。

そこで、健康な肝臓を守るために知っておきたい成分がありますので、最後に紹介しておきます。

世界初の肝臓への機能性表示食品セラクルミンとは

セラクルミンという言葉はご存知でしょうか。

まだ認知度が低いのでほとんど知られていないのですが、セラクルミンというのは肝臓の機能を改善してくれるセラバリューズという会社が独自開発した素材になります。

肝臓にいいとされる食品にウコンがありますが、ウコンにはクルクミンというポリフェノールが数パーセント含まれています。

植物由来の天然成分であるこのクルクミンの吸収率を高くし、肝機能の改善を実現したのがセラクルミンなのですね。

セラバリューズでは「肝臓の健康にセラクルミン」というサプリメントを開発したのですが、このサプリメントは世界初の肝臓への機能性表示食品とされていて、試験で数値の低下も実証されています。

朝からスッキリしない、何となく元気が出ないという方におすすめされていますので、目覚めが悪いと感じている方は試してみるといいですよ。

>>肝臓への機能性表示食品!セラバリューズ『肝臓の健康にセラクルミン』の詳細はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする