睡眠時無呼吸症候群の枕の選び方は横向き寝専用が効果的な理由とは?

睡眠時無呼吸症候群は睡眠の質を下げてしまうだけでなく、場合によっては命も危険にさらされてしまうかもしれません。

対策法の一つとして枕の選び方が大事とされていますが、横向きで寝ることができる枕がおすすめされています。

なぜ横向き寝の枕が効果的なのでしょうか。




睡眠時無呼吸症候群の枕の選び方は横向き寝専用が効果的?

睡眠時無呼吸症候群は横向き枕で寝ることでその症状が改善できると言われています。

なぜ睡眠時無呼吸症候群は横向きで寝ると改善できるのかというと、無呼吸状態になってしまう原因を未然に防ぐことができるからなのですが、その原因の一つが舌で気道を塞いでしまっていると考えられています。

仰向けで寝てしまうと舌が落ち込んでしまい気道を塞ぎやすい状態にしてしまうのですね。

ですので、仰向けで寝てしまうことは軌道が狭くなりがちで睡眠時無呼吸症候群になりやすいと言われているのですよ。

また、仰向けで寝てしまうことは気道が狭くなった状態で呼吸をしているので、呼吸に負担がかかり、自律神経が疲弊してしまっている状態と言えます。

この状態では睡眠時間を十分に確保しても疲れが取れないこともありますので、質の悪い睡眠にもなってしまうのですね。

ですが、横向き寝をすることで舌が軌道を塞ぐということがなくなり気道が確保されるので、正常な呼吸をすることができます。

よって、睡眠時無呼吸症候群になりにくく、質の高い睡眠につながるとされていますよ。

以上のことから、睡眠時無呼吸症候群は横向き枕で解消することができると言われているのですね。



睡眠時無呼吸症候群になるとどうなる?

睡眠時無呼吸症候群になると十分な睡眠が取れなくなってしまうので、疲れがたまりやすく取れにくい状態になってしまいます。

睡眠時間は確保できているはずなのになかなか疲れが取れないというのはもしかしたら無呼吸状態になっていたのかもしれません。

ちなみに、睡眠時無呼吸症候群を放っておくと日中眠くなってしまい、仕事に集中できなかったり、車などを運転するときに事故を起こしてしまう可能性も高まってしまいますので、注意が必要です。

さらに、睡眠時無呼吸症候群は呼吸が止まることですので、体内のあらゆる臓器が酸素不足に陥ってしまい、特に心臓や脳に大きな影響を与えてしまうと考えられています。

そのため、高血圧や心筋梗塞、脳出血などを引き起こすリスクが高まってしまい、命に関わるケースも考えられるのですね。

睡眠時無呼吸症候群を治すために病院で治療される方もいますが、症状があまりにひどい場合でなければ、まずは横向きで寝ることを試してみてはいかがでしょうか。

横向きで寝る習慣がなかった方は横向き枕を使って、横向きで寝やすい態勢で寝てみるのがいいかもしれません。

一番良くないのは放っておくことですので、何らかの対策をきちんとして、睡眠時無呼吸症候群にならないように気をつけてみてください。

仰向けで寝ているものを横向きで寝ることで簡単に対策ができますので、YOKONEでそのきっかけをつくってみてくださいね。

横向き寝専用枕YOKONEの何がいい?実際に寝た感想と1年後の使用感!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする