黒クマに悩む10代が気をつけることは目元以外に意識を向けること!

黒クマに悩む10代

目の下にできるクマ、特に黒クマと呼ばれるような黒っぽいクマができてしまい、悩んでいる10代女性の方が多くなっているようですよ。

10代・20代の若いうちからクマがでてしまうことは気になることでしょうし、相手に与える印象も悪くなってしまうので、何とかして対策法や治し方を知りたいところだと思います。

原因はどこにあるのかなどを知ってみましょう。



黒クマに悩む10代が増えている

黒クマに悩んでいる10代女性が増えているようです。

主に中学2~3年生くらいになると気になりなりはじめるようですが、親や周りからは「思春期だから仕方がない」と言われたりしてそのままにして過ごしていた。

けれども、高校生になっても周りの同世代と比べてやはり目の下のクマが気になるという方も意外と多いようですね。

学校に通っているとメイクは禁止されている学校がほとんどですし、コンシーラーで隠すということもできないということになります。

そもそもの原因がわからないですし、一般的な治し方、例えば蒸しタオルで目元を温めたり、目の周りをマッサージをしたりなど試してみたところで、あまり効果がないということもあるかもしれません。

学生でも大人のように勉強しますし、さらに部活動や塾などの習い事をしていて忙しいですから、きちんとした食事や十分な睡眠時間を確保できていないことが原因として考えられるかもしれませんね。

まずは基本的な生活習慣ができているかをいま一度振り返ってみることが必要だと考えられるでしょう。



目のクマの原因はどこにある?

目のクマの原因を探そうとすると目の周りだけを考えがちですが、実はカラダの他の部分の影響が関係していることもあると言われています。

例えば、肩が凝っていたり、若い人だと姿勢が悪いということもカラダの不調の原因としてよく言われていますよ。

本当は顔全体の血色がよくなかったり、肌荒れも少しでてきているけれども、特に目元のクマが気になるという場合は、おそらく目元だけに不調のサインが出ているとは言えないでしょう。

人は自分で気になっていることに関しては必要以上に気にしてしまい、悪く見えることがありますので、目元のクマばかり気になって仕方がないことがあります。

目の周りだけでなくカラダの他の部分にも気になる点はないかを一度とりあえてみて、一つずつ治していくといいかもしれません。

一つの部分を解消させることで他の部分もよくなるというのはよくある話ですので、違う視点を持っていることが改善させるきっかけになるかもしれませんよ。

10代は黒クマにならない?

10代や20代前半の若い世代でも目のクマが気になるという方は多いのですが、実はその目のクマが黒クマと呼ばれるものではない可能性もあるようです。

というのも黒クマの主な原因は加齢だと言われているサイトもあり、早い人でも30代くらいから出始める症状だと考えられているようですよ。

年配者からしたら、「それのどこか黒いの?」と真っ黒な目のクマで話してくるかもしれませんね。笑

⇒黒クマになってしまう主な原因は加齢だった?:参考サイト

では、いまあなたの目に出ているクマは何なのというと、10代女性で圧倒的に多いのは青クマだと言われています。

ですので、もしかしたら青クマになっているのかもしれません。
青クマは寝不足などで血流が悪かったりすると出てきて、特に色白の人だと顕著に現れたりするようです。

若いのに黒クマに見えるのは部活や体育など太陽の下で運動をしていることが多いので色黒なことが関係しているかもしれません。

いずれにせよ、目のクマを解消させるには規則正しい生活が必要となってきますので、時間をかけて良くしていくという意識があるといいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする