寝不足による経済損失のニュースから考える個人でできる解決策とは?

2017年2月16日のニュースに「寝不足による経済損失」の記事がありました。

夜勤で働き、常に寝不足気味になっている状態の人にとっては見逃せない記事ですよね。

寝不足で経済損失が起きることで個人が考えるべきことはどんなことがあるのでしょうか。




寝不足による経済損失

寝不足による経済損失が問題になっているというニュース記事を読みました。

参考元:寝不足がもたらす膨大な経済損失、頭痛だけでなく生産性の低下も-Yahoo!ニュース

このニュースによると、

睡眠不足は翌日に頭痛や倦怠(けんたい)感を引き起こし、日常生活に支障を来すだけではない。労働者の生産性を低下させ、死亡リスクを高めることにより、日本経済に多大な損失をもたらしている。

ということが書かれており、睡眠不足の原因の1つとなっている長時間労働の問題点とどうするべきかが述べられていました。

日本は世界的に見ても長時間労働でそういった文化が根付いているので、残業は当たり前だという認識を持っている会社員も多いです。

実際、長時間労働をしないといけない、なかなか帰れない雰囲気が職場にあったりもしますよね。

ただ、長時間労働が原因によって過労死するなどの社会問題も起きたり、世間の意識が変わって来ているところもあります。

休息を義務化したりする企業もあり、対応が進んでいるみたいですが、人口減少という課題も考えなくてはならないと考えられていて、「長時間労働をしなくても回るような仕組み作りに真剣に取り組まなくてはいけない時期にきていると思う」ということも言われていましたよ。

寝不足で経済損失が起きる原因などが記事には書かれていましたが、社会や企業の問題ではなく、個人でできる対策を考えた方がいいかもしれませんね。

大きなものを変えるには時間がかかりますし。

そこで、個人でできる寝不足の解決策を考えてみましょう。



寝不足の解決策を考えてみよう!

寝不足の解決策を考えてみたとき、個人でできることは限られています。
それは「寝ること」ですね。

しっかりと寝ることができれば寝不足の問題は解決でき、経済損失の額も減少するのではないでしょうか。

ですので、しっかりと寝ることについて考えてみましょう。

「しっかりと寝る」という言葉は非常に曖昧な基準ですよね。

人によって寝られたと感じる睡眠時間は違いますし、たっぷり寝たはずなのにだるさや頭痛が出るなんて日もあります。

自分の経験を元に考えるのなら、「しっかりと寝る」ということで大事なのは「睡眠時間」ではなく「睡眠の質」なのかもしれません。

質が高ければ睡眠時間に影響されることはありませんし、そもそも残業などによって睡眠時間が十分に確保できない人が多いですから、時間より質を高めるというのは個人でできる最も重要な解決策なのではないでしょうか。

睡眠の質を高めることについては別の記事で書いていますし、実際に私が睡眠に悩まされいた時に使用したサプリメントなどもありますので、そういった記事を参考にして睡眠の質について一度考えてみるといいかもしれませんね。

北の大地の夢しずくを愛用!使用感とその効果について口コミ体験談!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする