女性の夜勤仕事の種類は?バイトするならおすすめの職業は何?

女性で夜勤の仕事を探している人は多いですね。

ただ、女性ということもありどんな仕事の種類があるのかや安全に働けるのかなど不安に感じることがいくつかあると思います。

そこで、こちらでは女性でも働ける夜勤の仕事やバイトするならどんな職業がおすすめかについて紹介していきますので参考にして頂ければと思います。



女性の夜勤仕事の種類

女性の夜勤仕事の種類についてですが、女性だからできない仕事というものはあまりありません。

24時間営業をしているコンビニやカラオケ、ファミレスなどお店によっては安全面から男性スタッフのみということもありますが、基本的には女性でも働くことができます。

接客ではないですが、工場や倉庫の在庫整理の仕事もありますし、ホテルスタッフでも働けますね。

夜勤特有の仕事というものはあまりないのかなと思います。

夜勤特有の仕事で言えばキャバクラやガールズバーなど夜のお店は女性の夜勤特有の仕事かもしれませんね。

他には専門的な知識や資格が必要とはなりますが、看護師や介護士は女性スタッフも多いです。

他にも挙げればキリがないですが、以上のことからもたくさんあるということは伝わったと思います。

ですので、女性の夜勤仕事ということにこだわる必要はないのかなとも思いますし、大切なことは何の仕事をするかよりも前の段階にあります。

その点について次で書いていきますね。



女性が夜勤バイトするには自分の条件を理解することが大事

おすすめを知りたいと思いますが、おすすめという言葉は何を持っておすすめかということが大事になります。

要するにどんな条件をあなたが求めているのかということが大事になるということですね。

例えば先ほど挙げた職業の中には看護師がありますが、人の命に関わる仕事をしているわけですから責任感がありますし、やりがいはあると推測できますから人のために働きたいという仕事をしたい方にはおすすめの仕事と言えるでしょう。

けれども、看護師は嫌だという人もいるでしょうから夜勤で働くなら看護師がおすすめですというわけにはいかないのですね。

つまり、どんな条件を求めているかということをしっかりと考えなければなりません。

夜勤で働く人の多くは「てっとり早くお金を稼ぎたい」と思っている人が多いかもしれませんね。

こういった条件を自分が理解することは大切なことなので、まずは本音をしっかりと確認しておきましょう。

女性で夜勤のバイトをしたいという場合に多い条件としては「お金」と「安全」ということが基準になることが多いので、最後にその条件を満たすアルバイトをご紹介しておきますね。

女性の夜勤バイトでおすすめはコレ!

女性の夜勤バイトでおすすめなものを2つご紹介しておきます。

1つ目はキャバクラやガールズバーなどのいわゆるお水の商売です。

時給2,000~4,000円など高いことはもちろん、女性としての所作を身に付けることができるというお金以外のメリットも実は多いのですね。

お客様からプレゼントされるなんてことも珍しくありませんし、同伴して高級料理店に連れてってもらうなどお金持ちを相手にする機会が多いので、普段できない経験をすることができます。

もちろんその分大変なことはあるでしょうがお店によって特徴が全然違いますから、自分に合っているお店に出会えることができれば天職に感じることもあるかもしれません。

ずっと続ける訳にはいかないかもしれませんが、経験値としてはかなり高く自分を成長させて
くれる環境となっているのではないでしょうか。

ガールズバーのバイトは危険なのか?夜のお店の選び方
もう1つのおすすめはコールセンターです。

テレビショッピングが夜中や明け方に行われているのを夜ふかしした時に観たことが
あるかもしれませんが、その対応をするテレアポの仕事も個人的にはおすすめですね。

コチラをおすすめする理由としては安全に働けるという点が挙げられます。

コンビニのように面と向かって接客をするわけではありませんので、物理的に襲われるという
ことはありませんし、工場などのバイトのように体を動かす必要がないので体力に
自信がない人でも対応できますよ。

時給はそこまで高くはありませんが夜勤手当はつきますし、マニュアルがあるので
知識がなくても働けるというメリットがあります。

募集が少ないということもありますので、地域によっては夜勤で働けないという
こともありますが、夜勤であっても自分のライフスタイルを確立しやすいのではないでしょうか。

>>夜勤のアルバイトを探にいく

ここで紹介したのはあくまでも私のおすすめですので、いろんな職業にトライしてみるのもいいでしょう。
アルバイトでしかできない経験をするのがいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする