色白の人がシワやシミができやすい理由はメラニンにあり!

色白はシミやシワができやすい

夏だけでなく冬にも紫外線は降り注いでいたり、一年中シワやシミの対策をしなければならないですよね。
ですが、シワやシミができやすい人がいればできにくい人もいます。

特に対策をしているわけではないのに人によって差が出てしまうのが気になったりしますが、実はこれは肌の色が関係していると言われているのですよ。

肌がもともと色白の人はシワやシミができやすいと言われているのですが、その理由はなぜなのでしょうか。




色白の人がシワやシミができやすい理由

肌の色ががもともと色白の人は色黒の人と比べてシワやシミができやすいとされています。
その理由を説明する前にシワやシミがどうしてできてしまうのかを理解しておく必要がありますので、簡単に説明しておきます。

肌は日光に当たると紫外線によってダメージを受け炎症を起こしますよね。
すると、皮膚の奥にまで炎症が起きないように表皮ではメラニンという色素が作られてガードしてくれます。

そのため、色白の人は日焼けをした直後に赤くなりますが、日焼けから数日経つと黒くなってしまうのですね。

通常、若い人であればシミができても代謝がいいのでシミがなくなっていくので、元の肌の色に戻るのですが、加齢によって代謝が悪くなってしまうと部分的にメラニンを排出することができなくなってしまうのでシミやシワができてしまうのです。

さて、ではなぜ色白の人は色黒の人と比べてシワやシミができやすいのかについて説明していきましょう。

色黒の人は遺伝によってもともとメラニンを持っているので、紫外線を受けても新たにメラニンを作る必要はないのです。
つまり、もともとあるメラニンで皮膚を防御することができるということですね。

一方で色白の人は紫外線の影響に反応して防御する必要があるので、新しいメラニンを作らなければならなくなります。

色白の人は色黒の人と比べると多くのメラニンを作ることになるので、部分的にメラニンを排出できなくなってしまうと、その部分だけシワやシミができてしまうリスクが高まってしまうということなのですね。

ですので、色白の人と色黒の人の皮膚を比べてみると色白の人はたくさんダメージを受けていて隠れジミが多く潜んでいるということになります。
そう考えると色黒の人の方が健康的でスポーティーな感じがしますから、色白の人よりも得しているかもしれません。

色白か色黒かどちらがいいかは人の好みによるものなので一概にはどっちがいいとは言えませんけどね。

まとめ

色白の人は紫外線を受ける度に新しくメラニンを作らなければならないので、シワやシミができやすいです。

いまは色白の人の方がいいみたいな風潮がありますが、実は色白の人は将来シミやシワができるリスクが高いということも言えるのですね。

若いうちはまだいいかもしれませんが、歳をとってくると隠れジミが表に出てきますからきちんと対策をしておかなければなりませんよ。
日焼け後は食べ物でケアしよう!おすすめはミニトマト!