一重まぶたと二重まぶたの違いは筋肉が関係していた?

一重まぶたと二重まぶたの違い

可愛い人は二重まぶたの人に多いから羨ましいなんて思う人もいるかもしれませんが、なぜ一重の人と二重の人に別れるのでしょうか。

遺伝だと言われたりしますが、子供のことは一重だったのに大人になっていくうちに二重になっていったなんて人もいますよね。もちろんプチ整形をしたわけでもないのにです。

一重まぶたと二重まぶたを分けている違いってどこにあるのでしょうか。




一重まぶたと二重まぶたの違い

一重まぶたと二重まぶたの違いは、まぶたを上げる筋肉が1本か2本かによって生まれると言われています。

一重の人は目を閉じたところのまぶたに1本の筋肉があり、その筋肉の力でまぶたのところにある軟骨のようなものを持ち上げるので一重になっているとされているのですね。

一方、二重の人はまぶたを持ち上げる筋肉が途中で2本に分かれているのですが、別れた筋肉が皮膚にくっついているのです。
ですので、目を開けるときに間を引っ張り上げ、二重になっているわけなのですよ。

つまり一重と二重の違いは筋肉の構造の違いだと言えるわけです。

では、この筋肉の構造の違いはなぜ生まれるのかというと、一番の理由はよく知られているように遺伝だとされていますよ。

ですが、両親のうちお父さんが一重でお母さんが二重の場合、一重の子供が生まれやすい傾向にはあるそうです。

つまり二重の人は親が二重であるということになるのですね。

途中から二重になった人がいるのはなぜ?

子供の頃は一重だったのに、大人になっていくにつれて二重に変わった人がいると言われています。
もちろん、プチ整形など手術をしたわけではないのにです。

なぜこのようなことが起きたのかというと、もともと2本目の筋肉があったのですが、まぶたが厚くなっていたために一重だったということが理由としては考えられるようですよ。

ですので、もともと二重になるポテンシャルを持っていて、歳を重ねるごとにまぶたにあった余計な肉がなくなったために二重になったということですね。

仮に一重の人でも軽くまぶたを抑えると二重にすることができますが、その状態で瞬きをしてもすぐに一重に戻らない人は2本目の筋肉が隠れている可能性ありますので鏡を使って確認してみてくださいね。

以上のことから、筋肉が1本しかないけど二重になりたいと思っている方はプチ整形するのが一番の方法ということになります。

方法として一般的なのは埋没法と呼ばれるもので、存在しない2本目の筋肉を人工的に糸のようなもので作り出す方法となっていますよ。



整形をしないで二重にする方法

一重の人は歳をとっても自然に二重になることはないということが分かりました。

ですので、プチ整形をしなければ二重になることはないのですが、できれば手術をしたくはないという方もいますよね。

そんな方の強い味方が「Defy No 1ウルトラファイバー」です。
強粘着と高強度に開発されたアイファイバーで一日中ぱっちり二重をキープすることができますよ。

価格は1200円(税別)とリーズナブルですから、一重に悩んでいる人やたるみによってまぶたが重たくなっていい印象を与えられないという方はぜひ試してみてくださいね。

↓Defy No 1ウルトラファイバーの詳細はコチラ↓



まとめ

一重と二重の違いは筋肉の構造によるものだったのですね。
その筋肉を持っているかどうかは遺伝によるものなので、遺伝によって一重か二重かが決まるというのは間違いではないみたいです。

目は口ほどにモノを言うというように、相手の印象は目で決まります。特に男性は女性のどこをみて印象を決めるかといったら圧倒的に目だといいますから、目の周りのケアがきちんとできていないと相手に与える印象は悪くなってしまいがちですよ。

まぶたも大事ですが、目の印象を決めるのは実は目の下だったり言われますから、目のクマはしっかりとケアしておきたいですね。

目のクマが取れない原因と解消方法がすぐに知りたい!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする