光目覚まし時計の効果を漫画で確認してみよう!

光目覚まし時計はテレビや雑誌で特集されたり、新しい目覚め方として注目されています。

いろいろと説明はされていますが、その効果については漫画でも紹介されていますので、雑誌やテレビではイマイチ理解できなかった方はその漫画をコチラに載せますので確認してみましょう。




光目覚まし時計の効果を漫画で確認してみよう!

光目覚まし時計の効果が4コマ漫画で紹介されていますので、まずはそちらの漫画をご覧になってください。

横山くんも月島さんみたいにさわやかになれて良かったですね^^

きっとその日のプレゼンはバシっと決まったことでしょう。

さて、光目覚まし時計がなぜ効果的かということは漫画から理解できたでしょうか。

光を浴びるとセロトニンという活力がみなぎる成分が増加し、メラトニンという眠気を誘発する物質が減少します。

intiという光目覚まし時計だと起きたい時間の30分前から徐々に光り始め、起きる時間になると最大光量になり、ベルも鳴り始めます。

一般的な目覚まし時計と違いゼロの状態から一気に音がなって起こされる訳ではないので起きたときの不快感が軽減されるのですね。

漫画にも書いてあるように休みの日でも朝寝坊をする時間を2時間までに抑えることや3ヶ月を目安に使い続けることで習慣化していくことが大事になります。

速効性は期待できないかもしれませんが、朝食を食べている間に光を浴びることができたり、セロトニンを増やして次第に活動的な気持ちを呼び起こしてくれるのは光目覚まし時計の時計以外の効果でもありますので、まずは光を浴びる週間を作ってみてください。


光目覚まし時計の効果は無意識に現れる

光目覚まし時計は音ではなく光で起こしてくれる目覚まし時計ですが、その効果は無意識のうちに現れるので、気が付きにくいとされています。

音で起きるとストレスがかかるとされています。

音というのは人間の本能であるノルアドレナリンを刺激して「危険が差し迫っている」という錯覚を起こしてしまうのですね。

つまりは音で起きるというのは毎日ストレスを感じながら目を覚ますということになります。

不快な気分を感じながら一日を過ごさなければならないので、音で目覚めるというのは無駄にストレスを引き起こしているのですね。

光で目を覚ますようになれば、先ほどのように不快感が軽減されていきます。

光目覚まし時計は最初からすぐに起きられる人とそうではない人がいますので、じっくりと時間をかけて改善していくようにする必要があります。
ですので、最初から効果が現れなくても使いつづけることが大切ですよ。

そうすればある時から気がつくとスッキリ目覚められるという感覚が出てきますので、続けるということを忘れないようにしましょうね。

>>光目覚まし時計intiSQUAREの詳細はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする