片頭痛は薬よりもサプリで治すべき理由とは?

片頭痛は薬よりもサプリで治す

片頭痛は定期的な痛みがあったりするので、頭痛薬に頼らないと生きていけないという方も多いと思います。

ですが、頭痛薬を飲んでいるのにあまり効果がなかったり、依存の危険性もありますので注意しなければなりません。

片頭痛は薬よりもサプリメントで治すのがいいと言われているのですが、その理由はなぜなのでしょうか。




片頭痛を薬で治す

片頭痛を薬で治す方もいますが、市販や病院で処方される頭痛薬というのはあくまでも鎮痛剤です。

ですので、仕事中に痛みが出ないようにしたり、寝る前に痛みを抑えるなどには向いているのですが、一時的に痛みを抑えるものなので、根本的な解決にはならないのですね。

また、ロキソニンなどの頭痛薬には副作用と言う危険性も含んでいます。

摂取量を誤ってしまうなどのミスは命にもかかわるリスクがありますので、鎮痛成分が高いというのは必ずしも有効な側面だけがあるわけではありません。

一時的な対策方法としては『身体を冷やすと良い』ということも言われたりしますが、あくまでも片頭痛が起きているその瞬間に有効な対処法となっています。

本質的には身体を温めて血流を改善させることが望ましいので、冷やすよりも温めた方がいいと言われていますよ。

片頭痛は女性に多いですが、女性の方に人気のスムージーなどは身体を冷やしてしまうために頭痛持ちの女性が増える原因になりやすいとも言われています。

身体が冷えるので一時的には効果がありますが、お昼ごろには痛みが出てしまうことがありますよ。




片頭痛をサプリで治す

片頭痛を根本的に治すためには薬ではなくサプリメントで治すことがすすめられています。

サプリで治すということはどういうことかというと、つまりは体質を改善させるということです。

体質を根本から改善させることができれば、片頭痛に悩まされることがないので、薬に頼ることはなく一時的な痛みも回避することができますよ。

サプリメントは薬ではないので、強い副作用がでるものは薬と比べると比較的少ないですし、依存性も低くなりますので、治す方法としては薬よりも優れている面があります。

ただし、サプリメントは薬と比較した場合、即効性があるわけではないので、すぐに痛みがなくなったりするというよりも時間をかけて治していくという治療法になりますよ。

仕事や出張中に一時的に出てくる痛みであれば短期的な治療法の薬が適していますが、毎日の痛みであるなら長期的な治療法であるサプリメントで根本から原因を退治する方が適していると言えるでしょう。

頭痛薬を使っていればいつかは片頭痛が治るということはありませんので、ずっと悩まされているのであればサプリを使用するのがいいと思います。

まとめ

片頭痛を治したいのなら薬よりもサプリの方がいい場合があります。

片頭痛の痛みからすぐに解放されたいのなら一時的に治療する薬が、根本から原因を治すならサプリが優れていますよ。

長い間頭痛薬を使用しているのに治らない方はサプリの方が合っているかもしれません。

片頭痛のサプリならこれがおすすめ!

片頭痛のサプリメントはあまり種類がないのですが、おすすめなのはズツノンDrというサプリメントです。

ズツノンDr.は現役の内科医が自分自身の片頭痛をきっかけに、頭痛持ちの女性の為に2年以上の歳月をかけて開発されたドクターズサプリメントなので、安心感がありますよ。

多くの頭痛研究者が推奨する、西洋ハーブやビタミン・マグネシウムに1800年以上前から中国で処方されてきた頭痛に効果のある8種類の漢方成分を配合しており、西洋と東洋のナチュラル成分を贅沢に配合した成分はズツノンDrのみと言われています。

配合成分種において頭痛対策サプリメントでNo.1と言われていますし、体感(頭痛の頻度の改善、体温の上昇、月経の安定)が次々に現れ、多くが2~3カ月後には劇的に改善するなど、飲用者の満足度が90%と高いので、長年頭痛に悩ませている方は試してみてはいかがでしょうか。

ズツノンDrは定期購入がお得でおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする