夜勤明けの英語の勉強で効率的な方法はどうするの?

夜勤明けの英語の勉強

夜勤で働いている方の中には英語の勉強をされている方もいると思います。

ですが、夜勤明けに勉強をするのは効率的であると言えるのでしょうか。
もし、夜勤の方が英語の勉強をするときはどんな勉強方法がいいのか考えてみましょう。




夜勤明けに英語の勉強するのは効率的か?

夜勤明けですと、頭は一瞬冴えているように感じるとは思いますが、やっぱりどんな人でも、勉強するには向いていない状態ではあります。

しかも、夜勤明けは夜勤中の仕事がどうだったか、妙に気になったり、ミスしてないかを考え出したりするものですから、そんな時に、机に座って勉強だと意気込んでも、注意散漫状態だと言わざるをえないです。

やはり、夜勤がある以上は勉強するタイミングや、勉強の仕方には工夫が必要になってくると思いますよ。

もちろん個人差もありますし、自分にあった時間帯と言うものは存在しますが、一般的には効率は良くないと考えられます。

もし、効率を求めるのであれば夜勤明けよりは、一度寝て、起きてからが一番頭も冴えていますので効率は良くなりますよ。

私が夜勤をしていたころにこのブログを書いていたのも朝帰宅して、一度眠って目が覚めてから書いていましたが、すんなり文章が書けていましたね。



夜勤がある人の英語勉強方法は?

夜勤がある人がどういう時にどんなふうに英語に取り組むのかと考えると、夜勤中に英語を勉強する時間はないですし、そもそも体がしんどく、夜勤の前後も勉強するのは、つらく感じると思います。

ということですので、勉強してると思わずに勉強する方法を試してみるのがいいでしょう。

つまり、スピードラーニングのような隙間の時間で聴きながら勉強するのが夜勤の方の英語の勉強方法になると言えます。

夜勤の時、ずっと仕事のことだけ考えいるわけでもないと思うので、ちょっとした待ち時間やトイレに入った時、休憩などの隙間の時間で英語に触れてみてください。

1回の夜勤中でも、数回は自由に使える時間があると思います。その日覚えることをあらかじめ決めておいて、何回も同じところだけを勉強していたら、だんだんと覚えていくと思います。

ポイントになるのはコレだけは覚えるなど狙いを定めて、手広くやらないことです。毎日コツコツ積み重ねていくことが必要になってきますよ。

夜勤があるときは時間をかけてゆっくりと少しずつ勉強していき、休みの日に復習やがっつり勉強してみましょう。
きちんとした教材に出会えれば夜勤であっても英語が身につくはずですから、目標を定めて勉強していきましょうね。

>>半年で話せるようになることも可能な英語スピーキング習得プログラム(特許申請中)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする