コンビニ弁当で片頭痛になる理由と食品添加物の関係とは?

コンビニ弁当で片頭痛になる?

コンビニやスーパーのお弁当は値段は安いですが味はそれなりに美味しく、忙しい仕事の合間や家事・育児をしている方にとっては嬉しい存在でもあります。

しかし、コンビニやスーパーのお弁当を食べ続けてしまうと片頭痛の症状がでてしまうことも言われているのですよ。

なぜお弁当を食べることで片頭痛の症状がでてしまうのかその理由を知っておきましょう。



コンビニ弁当で片頭痛になる理由

コンビニのお弁当やスーパーのお惣菜は美味しいですが、食べた後に頭が痛くなるという経験はありませんか。

これには因果関係があると言われています。

なぜコンビニのお弁当などを食べると片頭痛になってしまうのかというと食品(防腐剤)添加物が含まれているからだと一般的には言われていますよ。

食品添加物とは「食品の製造過程において、また加工、保存の目的で、添加、混和されるもの」と言うのですが、簡単にいうと保存状態をよくして腐らないようにする化学合成品が含まれているものということです。

もちろん香料など天然のものもありますが、ほとんどが化学合成品だと言われていますよ。

例えば、太巻きずしのようにいろんな具材が含まれているとその分、使用されている食品添加物も増えてしまったりするので、具だくさんで栄養豊富そうだなと思って、選んだものが実は良くない選択だったりすることもあるのです。

食品添加物はアトピーやアレルギーなどの原因にもなっていると言われ、そういった症状の中にも片頭痛が含まれていますので、コンビニ弁当を食べたら頭が痛くなってきたっということも起きたりするわけですね。

海外では健康に危害が加わるとされているものが日本では使用されていたリ、その逆もあったりするなどと言われているようで、食品添加物に関してはすべてが完璧にコントロールできているとは言い難いものがあるようです。

ですので、毎日のように摂取し続けることはやはり健康に何らかの影響が出ると考えられているので、自炊をしたり、お金や時間がかかっても外食をして無添加食品をべるようにした方がいいと考えられていますよ。

ただ、勘違いしないようにしなければいけないのは食品添加物だから悪いということではないということです。

確かに、毎日のように食べることは健康に悪い影響が出ると言われていますが、人間の細胞は生まれ変わっていくようにずっと体内にとどまり続けることはない訳ですし、食品添加物があるからコンビニ弁当でも美味しく食べられるという側面も忘れてはいけません。

共存という言葉が正しいのかわかりませんが、うまくバランスを取りながら食べていくことでライフスタイルを充実させることもできますので、自分でいろいろと考えることが大切かもしれませんね。

なお、食品添加物の身体に対する影響は今後も新事実が明らかになることも考えられますので、気になることがあればその都度調べるのがいいですよ。

人それぞれ体質やアレルギー反応は違いますので。


コンビニ弁当を食べて片頭痛になる方

コンビニ弁当を食べて片頭痛になったことのある方は食べ物に対して抵抗があるかもしれません。

ただし、食品添加物と健康に悪影響を与える明確な根拠が出ていない以上、コンビニ弁当と片頭痛の関係性は絶対とは言い切れないのも事実です。

けれども、実際に片頭痛の症状が出てしまうということは精神面に不安を抱えているからかもしれません。

病は気からというように気持ちが落ち込んでしまっていると体調も悪くなってしまう傾向にあると言われています。

そこで、コンビニ弁当を食べても片頭痛の症状が出ないように不安を取り除いてみるのはいかがでしょうか。

ズツノンDr.という頭痛のサプリメントがあるのですが、このサプリは現役の医師が作ったので、他のサプリと比べると安心感があります。
また、薬ではないので、依存の危険性も回避することができます。

もし、片頭痛の原因が精神的な不安にあるのならそれを取り除くことができれば悩みは解決させることができますので、試してみるのもいいかもしれませんよ。

副作用などが気になる方は別記事でズツノンDr.についての詳細を書いているので、参考にしてください。
ズツノンDrの副作用と使用上の注意とは?成分も確認!

まとめ

コンビニ弁当やスーパーのお惣菜などを食べて片頭痛になったことがある人は弁当などに使用されている食品添加物が原因になっているかもしれません。

けれども、食品添加物が必ずしも体に悪影響を及ぼしている原因となっているとは言いきれないので、一概に原因がソレだとは言えないようです。

ただし、毎日のように食べ続けるは良くないと言われていますので、たまには自炊や外食をするようにして対策をしておくことは重要かもしれませんよ。