体が熱くなるとチクチクかゆくなる原因と病気の可能性について

体が熱くなると体がチクチクかゆくなる原因と病気の可能性について

これから季節が冬になっていって寒くなってくるとエアコンやストーブなどで部屋を暖める機会が増えてくると思います。

そんなとき、だんだんと体が熱くなってきて背中や腕のあたりがかゆくなるという経験はありませんか。

少し涼しい場所に移動すると治まったりしますが、あの原因は一体何故なのでしょうか。何らかの病気の予兆なのか心配ですよね。



体が熱くなると体がかゆくなる

体が熱くなると背中や腕周りがかゆくなるという症状を経験したことがある人は意外と多く、かゆくなるというよりチクチクする感じが身体に出てくるという声が見受けられます。

この原因についていくつか可能性はあるようですが、もっとも多いものとしてはが出ている可能性がありますね。

温熱じんましんは温水や温風のような温かい刺激を受けるとできるじんましんなのですが、特に気温が低いところから高いところに移動して体が温まると起きやすいと言われています。

例えば気温の低い部屋にいて、お風呂に入ってシャワーを浴びているときにチクチクしたかゆみがあったりもするので、もしそういった経験がある人は温熱じんましんかもしれませんね。

主な原因としては温度差となるわけですが、皮膚というのは温度変化を感じやすいので、血管が集まっている場所や乾燥しやすい部位はヒスタミンという物質が集中することによってかゆみや赤みを帯びたりするようです。

もし、温熱じんましんの症状が出たかなと思ったら、涼しい場所に移動したりして、温熱を避けるということが大切になりますよ。


病気の可能性はあるの?

体が熱くなるとかゆくなる症状が出るのは温熱じんましんの可能性が考えられますが、気になるのは何かの病気の予兆ではないのかということです。

じんましんは年齢や環境の変化で完治することもあるので、大きな病気になる可能性は低いようですね。

じんましんと言っても、かゆみが出るだけだったり、赤みが一時的に出るくらいであればそこまで心配する必要はないでしょう。

ですが、もし赤みがかっている時間が長いと感じたり、気になるところがあるようでしたら、薬を塗ったり、病院で検査してもらうのがいいですね。

病院は皮膚科にいけば大丈夫ですよ。

温熱じんましんの原因は寒いところから温かい場所に変わった時に皮膚が反応することで起こりますので、体温を高く保ったり、徐々に部屋を暖かくして体を慣らしていくことが大切です。

こういった簡単な対策で回避できるものでもありますので、まずは対策をしてみましょう。

気温の変化による体調不良に注意

気温の変化による体調不良は多いですので、気をつけなければなりません。

今回紹介した温熱じんましんのケースであればまだ軽い影響と言えますが、気温の変化による体調不良は人間の体に大きな影響を与えると考えられていますよ。

特に冬になっていく時期はインフルエンザなどの風邪に注意しなければなりませんし、春の三寒四温と呼ばる時期はうつ病、夏になる時期は夏バテなど季節ごとに気温の変化による体調不良の症状が変わってきます。

体調不良の症状はそれぞれ違ってきますが、これらは全て免疫力が下がってしまうことが主な原因ですので、免疫力を上げて体を守ることをしなければなりません。

季節の変わり目など気温の変化が激しいときや気温の変化大きい環境で過ごすときは免疫力を高く保つような対策をしておきましょうね。

⇒季節の変わり目に起こる体調不良の原因とその症状

まとめ

体が熱くなると体がチクチクかゆくなる原因は温度差による温熱じんましんの可能性が考えられます。
大きな病気になる可能性は高くありませんが、万が一のことも考えて気になる方は薬やお医者さんに見てもらうなども頭に入れておくといいですね。

気温の変化による体調不良は免疫力の低下が主な原因ですので、いかに免疫力を保つかも大切なポイントになります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする