寝る時暑い場合の対策でエアコンがない夏でも快適に寝る方法

暑くて寝苦しい

夏は寝るときも暑くてなかなか寝つけなかったり、
寝苦しくて途中で起きてしまうことがあります。

そうすると睡眠不足になりますし、
夏は特に食欲も落ちてしまうので体調を壊してしまいます。

暑くて寝られないときでも快適に寝る方法としては
どんなことがあるのか知っておきましょう。



寝る時暑い場合の対策方法は?

寝る時に暑い場合の対策法としてポイントになるのは部屋の温度と湿度です。

室内温度が28℃より高いと湿度も関係してきて、
なかなか寝つけないことがあります。

ですので、まずは部屋の室内温度を28℃以下に保つことがポイントになります。

また、温度とともに湿度にも気に掛ける必要があります。

湿度が高いと熱がこもってしまうので、
寝苦しさが出てしまします。

ですので、湿度を下げることで寝苦しさを解消させることができます。

以上のように寝る時に暑い場合は温度と湿度を下げることで
寝つけなかったり、寝苦しさを感じることを回避させることができます。

その方法として一番適しているのはやはりエアコンです。

エアコンの設定温度を25~26℃くらいにしておけば
寝つけなかったり、寝苦しさを回避することができます。

また、温度はそのままでも湿度を下げればグッと眠りやすくなりますので、
エアコンの設定を冷房にしなくても除湿にするだけで効果は現れます。

日本の夏は最低気温が25℃を上回る夜のことを熱帯夜と呼びますが、
熱帯夜になるとどうしても寝苦しさが出てきます。

ましてや日中に眠らなければならない夜勤の方は
30℃を超す暑さの中で眠らなければなりません。

エアコンを使って温度と湿度をきちんとコントロールして、
自分の健康を守りましょう。

暑いけどエアコンがない場合はどうする?

暑いけどエアコンがない場合や節約のためにエアコンを使いたくない、
使用する時間を制限している方もいると思います。

そういった場合はどうすればいいのかと言うと、
窓を開けたり、扇風機を使用するなどの対策が効果的でしょう。

何度も書いていますが、ポイントになるのは温度と湿度です。

窓を開けて風通しを良くすることで部屋に熱がこもるのを防いでくれます。

ですから、基本的な対策方法としては窓を開けて、
扇風機を回すというのが一番でしょう。





もし、エアコンがあって節約のためにあまり使いたくない方は
設定温度と扇風機の使い方を工夫するといいですよ。

エアコンは電力をたくさん消費するので電気代がかかると思われがちですが、
実は、外気温と室温の温度差が大きいと電気代もかさんでしまうのです。

外の温度が30℃を超えているのにエアコンの設定温度を
20℃にしてしまうと、温度差が10℃もあるので一気に電力を消費します。

それに、すぐに20℃になるわけではないので、
結果、余計に電気代がかかってしますのです。

よく会社や公共の場では節電のために設定温度を高くしていますが、
それは外気温と室温の差を極力減らすためです。

そうすることで節約につながるというわけなのです。

しかし、設定温度が高いとやはり暑さも感じます。
そこでポイントになるのが扇風機です。

扇風機は風を浴びて涼しくしてくれるという目的がありますが、
もうひとつ空気の流れを循環させてくれることもできます。

湿度が高くなってしまうのは、熱がこもってしまうことが原因ですので、
風を送り流れを作ることで熱がこもるのを防ぐことができます。

空気の流れを循環させるためなら、
扇風機だけでなく、サーキュレーターでもいいですね。

夏でも快適に寝る方法が知りたい

これまで紹介した方法を駆使しても夏は暑くてどうしようもないときがあります。

そんな夏の暑い日でも快適に寝る方法としては
寝具を変えるというのが手っ取り早いです。

ウォーターベッドのように自分の寝ている布団が涼しければ
いくら部屋の温度や湿度が高くても布団の中は熱がこもらないので、
快適に寝ることができます。

ただ、ウォーターベッドとなると寝具を変える手間がかかり、
面倒なことも事実です。

しかし、最近ではウォーターパッドという自分が普段使っている布団と
合わせて使うことでウォーターベッドのような寝心地を手に入れることができる
商品もあります。

もし、エアコンや扇風機を使用したくない方はこういった方法も
あるので試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする