朝キャバとは?普通の夜キャバとの違いは何?

キャバクラで働きたいと思っている女性もいますが、キャバクラは深夜まで営業していて大変そうだし、体調を壊してしまうかもしれないと興味はあるけれど結局諦めてしまうという人も多いです。

そんな方に人気が高いのが朝キャバです。

実は朝キャバは意外とメリットが多くて穴場の働き方なのですよ。

キャバクラ派遣【TRY18】

朝キャバとは?

朝キャバとは文字通り朝方に営業しているキャバクラのことです。

通常キャバクラは夜から明け方にかけて営業していますが、朝キャバはお店によって違いはありますが明け方4時頃~お昼の12時くらいまで営業していますよ。

お客さんも夜勤で働いていた飲食店やバーなどで働いている方が多く、同業者とまではいかないものの似たような業界で働いているので仕事の大変さを理解してくれているお客さんが多いようです。

働いている方の特徴としては朝キャバで働いている方は水商売経験が少ない女性が多いです。

キャバクラというと指名や派閥など厳しいイメージがありますが、朝キャバは派閥もなくアットホームな感じなので、水商売経験がなくても働きやすい環境だと思いますよ。

ちなみに、働いている人の半分くらいは学生さんやOLさんなど他に学業や仕事をしている人が多く、最近では夜はお家を空けられないシングルマザーの方も働いています。

立場も環境も違う人たちが働くので派閥ができにくいのかもしれませんね。

キャバクラなのに働きやすい」ことが朝キャバの魅力の一つかもしれません。

朝キャバのメリット

派閥がなく、面倒な人間関係がないことは朝キャバの魅力と書きましたが、実は他にもメリットがあるのですよ。

それは時給が高いというところです。

お昼のバイトと働く時間帯は同じですが、業態はキャバクラなので給料は高いですよ。

店舗にもよりますが、時給3000円前後となっているのが一般的でしょう。

また、朝から働くので夜に友達と予定を合わせやすいという時間的なメリットもあります。

給料は高く、時間帯も選べるというのが朝キャバのメリットと言えるでしょう。

副業としてダブルワークをしている人も多いので、いまの給料に不満があって、どうにかして収入源を増やしたい方は飛び込んでみる価値はありますよ。

おすすめの登録先としてはキャバクラ派遣TRY18がいいでしょう。

厚生労働省が認可しているので安心して登録できます。
詳しくはホームページを確認して、不安な方は会社情報なども確認してくださいね。

>>キャバクラ派遣TRY18の公式サイトはコチラ

派閥ってどんなの?

朝キャバに限らず、キャバクラやホステスなどの水商売ではよく派閥という言葉が言われます。

学校や会社でも派閥がある場合もありますね。

キャバクラでの派閥は仲のいい子同士でグループをつくり、自分の指名のお客さんが複数被っているときにそのグループの女の子を呼んでヘルプ指名したりすることがあります。

ですので、派閥があるとお互いにフォローしあえる仲間がいるという強みがありますよ。

一方で、大きい店舗だと派閥が複数生まれてしまい対立してしまうことがありますし、派閥の中でも対立してしまうこともあります。

女の子は売り上げによって給料に差が出てくるので、お客さんの取り合いがおきてしまうこともあり、対立が生まれたりするのですね。

ただ、朝キャバに多い派遣で働く場合、お店に専属で働くことがないので、派閥争いに巻き込まれることもほぼないと言えます。

キャバクラ派遣にはこういったメリットもあるのです。

>>キャバクラ派遣の詳細はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする